乗馬しながら携帯電話を使用していた男性、交通違反キップを切られ2万円の罰金・・・


2012_09_22交通違反切符

【らばQ】馬に乗って携帯を使用していた男性、交通違反のチケットを切られる…オーストラリア
http://labaq.com/archives/51762336.html
 運転中にしてはいけないことがあります。携帯電話の使用もそのひとつですが、オーストラリアで携帯電話を使用して交通違反のチケットを切られた人がいました。

 普通と違うのは、乗っていたのは車ではなく馬だったのです。

 ロス・ガンドリーさん(56歳)が手綱を握っていた馬は馬車になっており、乗客を乗せていました。

 するとオートバイに乗った警察が、ランプをピカピカ照らしながらやってきて、馬車を止めたのです。そして、馬車を操縦しながら携帯電話を使用していたとして、250ドル(約2万円)の罰金チケットを切られました。

 ガンドリーさんは時速2kmほどのスピードであったことと、この25年間、1度も問題にならなかったことから、この違反金に仰天しています。

 実は、2011年の3月に「モーターの付いた乗り物を運転中に携帯電話の使用を禁止する」から、「乗り物の運転中に携帯電話の使用を禁止する」に法律が変更されていたとのことです。車やバイクでダメだったことは、他の乗り物でもすべてダメになったということのようです。

 さすがに時速2kmでこの罰金は痛いところですが、それだけ携帯電話による、よそ見が増えているということなのでしょうね。

世界有数の競馬大国であり、また馬が身近な存在となっているオーストラリアから、まさに当地ならではの珍ニュースが飛び込んで参りました(笑)

スポンサードリンク


●さすが馬が身近な国

何時だったかイギリスでお酒を飲んで馬に乗っていた男性が、飲酒運転容疑で交通違反キップを切られた記事を見かけた記憶がありましたが、さすが同じ英連邦の一員であるオーストラリア。

こちらは運転中の携帯電話使用で、2万円もの罰金を受ける羽目になってしまったようですね(苦笑)

今回馬が出していたスピードは時速2キロ程度といいますから、下手をすれば成人男性の歩いている速度よりもスピードが出ていなかった訳で・・・。それは気にせず、つい携帯電話を触ってしまいますよね。

ちなみに僕ら競馬関係者も、乗り運動中などに携帯電話を触ることはありますので、オーストラリアに行ったら検挙される競馬関係者が続出するわけだ(苦笑)

もちろん携帯電話使用中に馬が突発的に暴れたら危ない訳で、別に携帯電話を使用しても良いということはありませんけど・・・。今回の出来事はちょっと可哀相ですね(苦笑)

日本では馬が身近な北海道でもまず有り得ない出来事な訳ですが、さすがイギリスやオーストラリアといった国は馬が身近なんですね。こういった珍事件が起こりえるほど馬が身近にいるという環境に、凄く羨ましい気持ちを抱いてしまいました。

検挙されたロス・ガンドリー氏にとっては気の毒な今回の事件でしたが、今後携帯電話を使用する時は運転中ではなく停車(馬?)して、安全を確認してから使用するようにしてくださいね(笑)


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/09/22 21:30 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL