カイカヨソウがホッカイドウ2歳牝馬の頂点に




27日に門別競馬場で行われた、2歳牝馬3冠レースの第2戦『第12回フローラルカップ(H2)』。

このレースはデビューから2戦2勝、前走ブリーダーズ・ゴールド・ジュニアカップ(以下BGJC)で重賞初制覇を果たしたカイカヨソウが、単勝オッズ1.6倍という圧倒的1番人気に応えて快勝。

今シーズンのホッカイドウ競馬2歳戦、末尾を飾る大一番『第39回北海道2歳優駿(Jpn3)』に向けて、弾みのつく結果となりました。

スポンサードリンク


■キャロットクラブに地方初の重賞タイトルをもたらした功労馬


勝ったカイカヨソウは父ティンバーカントリー、母マチカネヤマザクラ、母の父エリシオという血統の2歳牝馬。

かのノーザンファーム生産馬で、馬主は一口で有名なキャロットファーム。2009年より始まったキャロットクラブの地方募集3世代目の募集馬の1頭で、前走のBGJCでは同クラブに初めての重賞タイトルをもたらしました。

今回のフローラルカップは牝馬限定戦という事で、前走のBGJCより軽いメンバー構成。結果的に楽勝と言っていい競馬内容でしたが、ある意味当然の結果だったかもしれません。


■クラーベセクレタに匹敵する器!?

気になるカイカヨソウの今後ですが、この後は1200mで行われる牝馬限定戦のエーデルワイス賞(Jpn3)ではなく、1800mで行われる北海道2歳優駿へと進むことが、レース後管理する廣森調教師から発表されました。

ここで距離を縮めてしまうと今後の成長に悪影響が出易いだけに、この判断は妥当といえるものでしょう。

次走は地元の強力牡馬陣に加えて、JRAからの遠征馬もライバルとなるわけですが、今回のレース振りならばそこそこはやれる筈。

管理する廣森師はレース後、『カイカヨソウはクラーベセクレタに匹敵する器』とコメントしていましたが、果たして南関東で輝く先輩牝馬のように、牡馬相手でも結果を残すことが出来るのか。

大一番である北海道2歳優駿での走りに、大いに注目したいと思います。

※レース結果はこちら


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/09/27 23:27 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL