スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

期待の良血馬ナイスミーチューがいよいよ本領発揮か!? ~第16回シリウスS(GⅢ)レース回顧~


2012_10_01ナイスミーチュー

29日に阪神競馬場で行われたダートの重賞『第16回シリウスステークス(GⅢ)』。

このレースを制したのは、前走準オープンの宮崎Sを快勝し勢いに乗る2番人気ナイスミーチューでした。

スポンサードリンク


■期待の良血馬だったナイスミーチュー


勝ったナイスミーチューは父キングカメハメハ、母ローザロバータ、母の父ファイアメーカー(Fire Maker)という血統の5歳牡馬。

父のキングカメハメハは言わずと知れたリーディングサイアーで、母のローザロバータは現役時代にアメリカでGⅢ2勝の他、GⅠでも3度3着に入っている中々の競走馬。

その様な父と母を持つ同馬は生まれた当初から期待され、2007年のセレクトセールで1億1340万円で現馬主のダノックスに落札されました。

しかしそんな期待とは裏腹に、デビュー当初のナイスミーチューは物足りない競馬が続き、3歳時こそは2勝を挙げたものの、1000万下では掲示板がやっと。4歳夏に500万に降級してからも時折2着には来ますが、勝ち切れない競馬が続いていました。

そんなナイスミーチューが待望の2勝目を挙げたのが、今年2月の京都。久々にダート戦に出走した同馬は、今までの詰めの甘さが嘘のように、前を行くディアヴァンドームを差し切って快勝。その後も一戦ごとに条件を突破し、遂には重賞制覇するまでになりました。


■ダート転向と共に良血が開花

ナイスミーチューがガラッと変わった要因ですが、奥手だったという事と共に、ダート競馬により適性が有ったことが挙げられるでしょう。キャリアの中に芝のレースでの好走歴が度々あるように、芝でも走れるスピードは持っていた同馬。

しかし父がミスプロ系のキングカメハメハ。母父がノーザンダンサー系のファイアメーカーという血統が示すように、よりダートに適性があったことは血統からも間違いないでしょう。

実際ダートに転向してからは、それまでの詰めの甘さが嘘のように見事な差し脚を繰り出しています。今回も粘るヤマニンキングリーをキッチリと差し切った脚は、オープン昇級緒戦とは思えないものでした。

確かに今回は重賞にしてはメンバーも軽かったですし、道中は内ラチ沿いを進んでいたナイスミーチューを、いつの間にか外に持って行っていた小牧騎手の手綱捌きも見事でした。

それでも道中は砂を浴びてフワフワするなど、まだまだ若いところを見せていた同馬。血統的にも今後の上積みは更に見込めそうですし、これはダート路線に面白い馬が誕生したのではないかと思います。


■流れが厳しくなると苦しいヤマニンキングリー

前年に続き、同レース連覇を狙ったヤマニンキングリーは2着でした。

昨年はこのレースを勝利した後に、GⅠへと駒を進めた同馬。さすがにGⅠ級相手だと競馬が優しくなく結果が出ませんでしたが、これぐらいメンバーが軽くなるとまだまだやれる馬ですね。

あとエルムSを叩いて定石通りしっかりと良化していたことも、好走の大きな要因の一つだったでしょう。大きな不安要因の一つとされていた武幸四郎騎手も、まずまずの騎乗振りを見せていましたし(笑)

今回のレースを見ても分かるように、今後も同馬が好走する鍵はスムーズに先行できるかに掛かっているでしょう。GⅠ級相手のレースだと、どうしてもレースの流れに緩みが無くなるので、道中どこかで一回息を入れたいタイプの同馬にとっては厳しくなります。

今後もオープン特別やGⅢなど、レースの流れが緩みやすい条件で狙うと良い馬でしょうね。


■まだまだ本調子には程遠かったGⅠ馬

1番人気に指示されたGⅠ馬グレープブランデーは3着でした。

レース前、陣営からは『まだまだ良化途上で8分程度の出来』というコメントが出ていましたが、そのコメント通りのレース内容でしたね。

最後は地力で3着まで押し上げてきましたが、道中は早い段階から浜中騎手の檄が何度も跳ぶ内容。走りっぷりからも、まだまだ身体が重いように感じられました。

前走の阿蘇Sでは復帰後初勝利を挙げたグレープブランデーですが、まだまだ完全復活には程遠い感じ。520キロ超の大型馬で、どうしても脚元に気を使いながらの調整になってしまいがちですが、何とか冬のGⅠ戦線までには、本来の姿を取り戻して欲しいと思います。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/01 10:30 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。