スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英二冠馬キャメロットが凱旋門賞出走を決断。そしてその鞍上は・・・名手フランキー・デットーリ!


2012_10_03デットーリ2012_10_03キャメロット

果たして凱旋門賞に出走するのか、それともしないのか!?

その動向が注目されていた今年の英国二冠馬キャメロットですが、現地時間3日(水曜)に行われたキャメロットの追い切り後、管理するエイダン・オブライエン調教師が凱旋門賞に出走する事を表明。

そして斤量の問題で、今回キャメロットに騎乗出来ないジョセフ・オブライエン騎手の代わりとして、あの世界的な名手である天才フランキー・デットーリ騎手がキャメロットに騎乗する事を、イギリスの競馬専門誌『Racing Post』の取材に対して語りました。

スポンサードリンク


■最強最悪のライバル誕生


上記はRacing Postの公式アカウントのツイートで、『キャメロットはデットーリ騎手騎乗で凱旋門賞に出走し、僚馬のセントニコラスアビーも一緒に出走すると、オブライエン調教師が語った』という内容です。

おそらく僚馬のセントニコラスアビーには、ジョセフ・オブライエン騎手が騎乗することになるでしょう。こちらもGⅠ4勝の強豪で当然注意が必要ですが・・・なによりも注目はキャメロットです。

出走してくれば間違いなくオルフェーヴルの最大のライバルになると思われた強豪が、よりによって世界で最高のジョッキーであるデットーリ騎手騎乗で出てくるとは・・・。

日本馬初の凱旋門賞制覇を目指すオルフェーヴルにとって、間違いなく最強最悪のライバル誕生でしょう。正直な話、デインドリームやナサニエルの回避の衝撃が、どこかに吹っ飛んでしまいました(苦笑)

やや盛り下がっていた雰囲気が、これで一気に回復することは間違いないですね。今のところ前売り1番人気はオルフェーヴルですが、おそらくキャメロットがオルフェに変わって1番人気に浮上することになるでしょう。

本番まであと僅かとなり、いよいよ盛り上がってきましたね。


■このまま悪い報せなく本番当日を

しかし今年の凱旋門賞は、本当に毎日毎日ショッキングなニュースが続きますね。これほど話題豊富な年も、そう無いんじゃないでしょうか?(苦笑)

我らがオルフェーヴルも、どうやら順調に最終調整を終えたようです。本番まであと数日・・・。今後は悪いニュースはナシでお願いします(祈)

※今回のデットーリ騎手騎乗に関するRacing Postの記事はこちら


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/03 21:35 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。