スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トレイルブレイザーは惜しい2着。前哨戦アロヨセコマイル(米GⅡ)回顧




先程、アメリカ・サンタアニタ競馬場で行われた重賞アロヨセコマイル(米GⅡ)に、BCターフ(米GⅠ)出走を予定しているトレイルブレイザーが出走。

道中は4番手を追走していたトレイルブレイザー。そこから直線良い感じで伸びてきましたが、逃げたオブヴィアスリーには半馬身ほど届かず、残念ながら2着に終わりました。

スポンサードリンク


■前哨戦としてはまずまず


今回は2着と敗れたトレイルブレイザーですが、前哨戦としてはまずまずの結果だったのではないでしょうか。

久々ということも有って、パドックに登場した当初からややテンションが高かったトレイルブレイザー。本馬場入場時も1頭先に馬場に入っており心配しましたが、返し馬を終えた段階ではしっかりと落ち着いていましたね。

レースはハイペースの流れを4番手で追走する形に。最初はペースに付いて行けないのかな?と思いましたが、かなり速い流れだったということにプラスして、武豊騎手がトレイルブレイザーをあまり急かさない様に乗っていましたね。

これは恐らく次走を見据えてのこと。ここで無理に急がせてトレイルブレイザーに行くことを覚えさせてしまうと、次走BCターフに出走した時に折り合いを欠いてしまう可能性があります。このレースはあくまでも前哨戦。無理に勝ちに行って次走に支障を来たしては元の子もありません。

直線までは無理に動かず、それでいて最後はキッチリ伸びてきての2着。前哨戦としては満点に近い点数を付けてあげても良かったんじゃないでしょうか。トレイルブレイザーは良いレースしたと思います。


■今後が楽しみな快速馬

さて勝ったオブヴィアスリーですが父ショワシール、母リーラ、母の父モンジューという血統のアイルランド産馬(詳しくはこちら)。

前走デルマーマイルH(米GⅡ)で重賞初挑戦初制覇を飾っており、これで重賞は2連勝。ハイペースを刻んでの粘りこみが得意みたいで、前走も1分32秒1のトラックレコードで駆け抜け、今回も1分31秒95という快時計で勝っていますから、これは中々の強豪と言えるのではないでしょうか。

これで通算成績は11戦6勝、芝のマイル戦は3連勝となったオブヴィアスリー。次走は当然BCマイルになるみたいですが、これは楽しみな馬が出てきましたね。

BCマイルは例年欧州からの遠征馬が幅を利かせていますが、今年はオブヴィアスリーがどれだけやれるか注目してみたいと思います。

※レース結果詳細はこちら


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/07 07:53 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。