どこまで続く連勝街道!?無敗の3歳馬カレンブラックヒルが毎日王冠を快勝


2012_10_10カレンブラックヒル

10月7日に東京競馬場で行われた天皇賞の前哨戦、『第63回毎日王冠(GⅡ)』。

近年では『超GⅡ』などと呼ばれGⅠ並みのメンバーが揃うことが多いこのレース。今年も6頭ものGⅠホースが出走し豪華メンバーで争われましたが、見事この好メンバーを打ち倒し秋の主役に名乗りを挙げたのが、ここまで無敗の3歳馬カレンブラックヒルでした。

スポンサードリンク


■本当に強かったカレンブラックヒル


勝ったカレンブラックヒルは父ダイワメジャー、母チャールストンハーバー、母の父グラインドストーンという血統の3歳牡馬。

切れる脚は無いものの追ってからしぶとく、ゴールまで長く良い脚を使うというのがカレンブラックヒルの特徴ですが、今回もその特徴をフルに活かして勝ち切って見せましたね。

まずまずのスタートから、道中は離れた3番手を追走していたカレンブラックヒル。最後の直線に向いた時、前を行くシルポートとグランプリボスとの差は約3~5馬身ほど。

休み明けのせいか追われてからの反応が案外に鈍く、例え前を捕らえたにしてもすぐさま後ろの馬に差されてしまうのでは?と一瞬考えましたが、そこからカレンブラックヒルは見た目以上に鋭い差し脚と粘りを発揮。

残り100m過ぎで前を捕らえて先頭に立つと、最後はジャスタウェイの追撃をクビ差抑えてゴール板を通過。見事無傷の5連勝を達成し、今秋のこの路線の主役へと名乗りを挙げてみせました。

今回のレースを見て多くの人がそう思ったでしょうが、カレンブラックヒルは本当に父のダイワメジャーにそっくりですね。父のダイワメジャーも好位抜け出しの競馬を得意としていましたが、いつも追われてからの動きに鋭さを感じず、ひょっとしたら後続の馬に差されるのでは?と思わせる馬でした。

ところがそこからの粘りが驚異的で、なんだかんだ言っても勝ち切ってしまっていたのがダイワメジャー。息子のカレンブラックヒルも、そういう面は本当に良く似ていると思います。まさしくダイワメジャー2世といった感じです。

レース後、鈴木オーナーから秋の天皇賞へ向かうことが明言されたカレンブラックヒル。今回のレース振りが本当に強かったですし、この内容ならばあと1ハロン距離が伸びても問題ないでしょう。当然の事ながら天皇賞は勝ち負け必至でしょうし、あの安定性なら有馬記念でも馬券になるかも。

NHKマイルCを勝った時点では、まだ多少の懐疑派が存在していたと思いますが、今回の走りでそういった層も殆ど消え去ったでしょう。カレンブラックヒルは本物でした。今後の日本競馬を背負って立つ存在だけに、この後も順調に行って欲しいと思います。


■見た目は派手だったが脚を余した可能性も

道中中団後方から、直線素晴らしい追い込みを見せたのが2・3着に入ったジャスタウェイとタッチミーノット。

このレース、後半の上がりが35秒4掛かっているのですが、ジャスタウェイが33秒0、タッチミーノットが33秒1と、レース全体の上がり時計より2秒以上速い脚を使って見せました。

それだけにゴール前で見せた迫力は強烈だった半面、最後まで伸びが衰えておらず脚を余した印象も。見事な追い込みに眼を奪われてしまいがちですが、仕掛けのタイミング及び道中のポジション取りが適切じゃなかった可能性がありますね。

タラレバになりますが、レース運びしだいでは2頭とも勝つ可能性があったんじゃないかと思います。特にジャスタウェイの伸びは際立っていただけに、ちょっと勿体無い競馬になりましたね。


■案外パワー寄りの馬?

3番人気のトーセンレーヴは11着。出来は良かったと思うんですけどね。レースでは少し力んで走っていたような気もしますが、それにしても走らな過ぎです。直線半ばで寄られる不利は有りましたが、それでも二桁着順に沈むとは・・・。

元々やや掻き込む様な走り方をする馬なので、東京のような軽いスピード優先の馬場は有っていないのかも知れませんね。東京で行われたエプソムCを勝っていますが、あの時は雨が残ってある程度パワーが要求される馬場でしたし。

直線に坂が有りパワーを要求される中山や阪神、中京といった競馬場で狙うのが良い馬なのかもしれません。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/10 12:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL