スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英国二冠馬キャメロットが本日無事に退院


2012_10_13キャメロット

嬉しい報せが入ってきました。

先日疝痛を発症し、急遽入院し開腹手術を施されることとなった今年の英国二冠馬キャメロット。

ひとまず手術は成功し術後の経過が注目されていましたが、その後も順調に回復している様子が見られることから、本日入院先の病院から無事に退院。静養先であるクールモア・スタッドに移動したことが、先程馬主であるクールモア・グループのツイッター公式アカウントから発表されました。

スポンサードリンク


■順調に行けば来年も現役続行


上記がクールモアの公式アカウントがPostした、キャメロットの退院を知らせる内容のツイートです。

内容は『キャメロットは良い状態で退院し、クールモアスタッドに到着しました。今後は2013年シーズンに向けて調整されることになります』というもの。

今回疝痛を発症し開腹手術を行ったことにより、キャメロットの来シーズンの動向が不透明になっていましたが、馬主サイドが現役続行を明言したことにより、来年もキャメロットが欧州競馬の主役としてターフに帰ってくることが確定しましたね。

勿論これは順調に事が進めばという、いわば条件付の現役続行宣言だと思いますが、フランケルが引退した以降の欧州競馬を盛り上げる為には、どうしてもキャメロットの存在が必要不可欠だと思っていただけに、この決定は本当に良かったと思います。

あの天才エイダン・オブライエン調教師をして、『私の今までのキャリアの中でも特別な馬』と言わしめたキャメロット。今シーズン後半は本来の輝きを放つことが出来ませんでしたが、あれが本当の姿でないのはシーズン序盤の彼の活躍を見れば明らか。

来シーズン、これら幾多の苦難を乗り越えて逞しく成長したキャメロットが、王者として厳然とした姿でターフに君臨することを、大いに期待したいと思います。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/13 22:08 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。