フェデラリストの勢いは止まらない!? ~大阪杯&ダービー卿CT馬体診断~


今週は阪神では大阪杯。
中山ではダービー卿CTが行われる。

来週には阪神競馬場でクラシック第一弾・桜花賞が行われる予定であり、いよいよ春競馬も佳境に入ってきた。

厳冬の影響で開花が遅れてきた阪神の桜も、ここ数日の暖かさで徐々に花を付け出してきた模様。果たして来週の本番には見頃を迎えるのであろうか?こちらもまた楽しみである。

さて、乙女たちの戦いも非常に楽しみでは有るが、まずは今週行われる古馬の戦いも大事。
2つの重賞で良い結果を残し、気持ち良く来週の桜花賞を迎えたい。

スポンサードリンク

◆第56回 大阪杯(GⅡ・芝2000m)◆

アーネストリー馬体を見る
休み明けの割に、腹周りがスカッとしている。毛ヅヤ等はまだ完璧とはいえないが、これだけスカッとしているのなら休み明けでも力は発揮できそう。グラスワンダー産駒らしく、筋肉が付くべきところに付いている逞しい馬体。今の時計の掛かる阪神はピッタリの舞台だろう。今回58キロを背負うが、掲示板はまず間違いないと思われる。
評価★★★

ショウナンマイティ馬体を見る
黒光りした好馬体を誇っている。菊花賞時よりも逞しさを増しており、いよいよ古馬らしい貫禄が備わってきた。コンパクトな馬体で、基本的にはマイルがベストだろう。ただ脚が長く繋ぎも柔軟なので、距離の融通はかなり利く。繋ぎは立っているため、馬場が渋っても有る程度は大丈夫なタイプ。しかし瞬発力が武器な馬なので、良馬場がベストなのは言うまでもない。
評価★★★★

トーセンジョーダン馬体を見る
さすがに休み明けといった馬体。良い頃の状態と比べると筋肉の輪郭がぼやけており、腹回りも太い。首にもまだ肉が残っており、さすがに割引が必要な状態だ。ジャングルポケット産駒にしてはガッシリしているのは、母父のノーザンテーストの影響か。繋ぎがやや立っておりパワーを感じさせる馬体なので、今の阪神でも問題は無さそう。あとは当日までにどれだけ状態を上げてこれるか。これに尽きると思う。
評価★★★

ナカヤマナイト馬体を見る
昨年の春と比べて、大分身が入ってきたように思う。それでもまだ細身に見える馬なので、今後の伸び代も大きそうだ。毛ヅヤは輝いており、体調の良さは出走馬中でも上位を争う出来。バランス良く纏まった馬体をしており、距離はこのぐらいがベストでは。繋ぎは太めなタイプなので、今のパワーが要る馬場に向く筈。やや直飛節気味で、切れよりは長く脚を使うタイプ。自分から動く競馬を心掛けたい。
評価★★★

フェデラリスト馬体を見る
中山記念の時も素晴らしい馬体をしていたが、今回も変わらず良い状態を保っている。ここまで連戦続きだが、馬体からは疲れは微塵も感じさせない。スカッとしていて雰囲気を感じさせる馬。このメンバーの中に入っても見劣るどころか、上位と言って良い好馬体の持ち主だ。エンパイヤメーカー産駒らしく、繋ぎはやや立ち気味。馬場が重くなっても全然問題ないタイプだろう。力強さとバネを兼ね備えた馬体をしており、間違いなく争覇圏の一頭である。
評価★★★★★

ローズキングダム馬体を見る
正直休み明けとは思えないほどの仕上がりを見せている。毛ヅヤの良さが非常に目立ち、柔らかい筋肉に全身を覆われた状態。今までで一番良い状態と言っても良いのではないだろうか。ただ惜しむらくは、現在の阪神の馬場状態。如何にも切れを生かせる軽い馬場向きの同馬には、切れが削がれる現在の馬場は、まず向かないはず。当日どれだけ馬場が乾いているかが、好凡走の鍵を握ると思う。
評価★★★★


◆第44回 ダービー卿CT(GⅢ・芝1600m)◆

オセアニアボス馬体を見る
阪急杯の時はやや太め残りに見えた馬体も、今回はしっかりと絞ってきた印象。毛ヅヤの良さは目立っており、筋肉の輪郭もしっかりとしてきた。コンパクトに纏まった馬体で、如何にもマイル位が合いそうな馬。繋ぎは太く立っており、重い馬場になってもドンと来いというタイプ。今の中山に向いている馬だけに、流れに乗りさえすれば大崩れしないと思われる。
評価★★★★★

ガルボ馬体を見る
毛ヅヤの良さが目立ち、ピカピカと輝いている。マイル近辺で活躍する馬らしく、肩やトモの筋肉は非常に逞しいが、反面腹回りはスカッとしており、出来の良さが更に目立っている印象。繋ぎに柔軟性が感じられるタイプだけに、基本的には軽い良馬場が理想。東京や京都向きの馬で、中山ではやや割り引きたい。
評価★★★★

ダイワファルコン馬体を見る
中山記念時は緩さが目立ち、力強さも感じられなかったが、叩かれたことで芯が入りシャンとしてきた。毛ヅヤも良くなっており、今回はキッチリと巻き返してくる筈。前走は重馬場で大敗したが、あれは道悪適性よりも状態の問題。繋ぎは立っている馬で爪も問題なく、荒れ馬場でも充分力を発揮できる筈だ。
評価★★★★

テイエムオオタカ馬体を見る
馬体そのものは悪くないのだが、何か良い時に比べて活気が乏しい感じ。普段は大人しいタイプの馬みたいだが、それでも昨年はもっと顔から覇気が感じられた気が・・・。肌も多少厚い様に感じられるし、まだ復調途上なのかもしれない。
評価★★★

ベルシャザール馬体を見る
540キロ近い超大型馬なのだが、写真からそう感じさせない程スカッとしている。正直スカッとし過ぎな印象を受けるほどで、果たしてこの仕上がりが吉と出るか凶と出るかと言ったところ。馬体はマイラーというよりは中距離馬の造り。大型馬であり小回りコースも合うかどうか?パワーの要る馬場は向いているが、今回は正直半信半疑といったところだろう。
評価★★★

ミッキードリーム馬体を見る
正直?マークが付く状態。良い時はもっと馬体から迫力が感じられたものだが、そういったモノがまったく感じられない。どう見ても、昨秋と比べて肩やトモの筋肉が落ちているように見える。前走は思いも外崩れてしまったが、もしかしたら体調が良くなかったのかも・・・。正直今回は買うのは控えたい状態だ。
評価★★


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/03/30 22:09 ] 馬体診断 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL