スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ステイゴールドの種付け料が来春から800万円に


2012_10_18ステイゴールド

凱旋門賞で2着したオルフェーヴルやドリームジャーニー兄弟。そして今週の菊花賞で大本命が予想される皐月賞馬ゴールドシップなど、産駒が大活躍中の種牡馬ステイゴールド。

今やディープインパクトと並びサンデー系を代表する種牡馬にのし上がったステイゴールドですが、来春2013年度の種付け料が800万円(受胎条件)になることが、この度繋養先のビッグレッドファームから発表されました。

スポンサードリンク


■サンデー系を代表する種牡馬へと成長


昨今のステイゴールド産駒の活躍ぶりは、目を見張るものがあります。

前述のオルフェーヴル・ドリームジャーニー兄弟を初め、宝塚記念を制し凱旋門賞でも2着したナカヤマフェスタ。2冠濃厚と言われている今年の皐月賞馬ゴールドシップ。菊花賞はスキップしたものの、その高い能力から後々はGⅠ制覇が期待されるフェノーメノなど、大物を次々と輩出。

今までは種付けされる繁殖牝馬のレベルにバラつきが有ったので、それこそ玉石混同と言った産駒成績でしたが、ここ数年は種付け料も上昇し付けられる繁殖牝馬のレベルも上がってきたので、今後は更に産駒成績も上昇していく筈。

現在サンデー系種牡馬で目立つ活躍を見せていると言えばディープインパクトですが、大物輩出率で言えばまだステイゴールドの方が上で、今後はこの2頭がサンデー系の軸となって更なる発展をしていくことになるでしょうね。


■種付け頭数を制限しつつ長生きして欲しい

来春から受胎条件で800万円となったステイゴールドの種付け料。2011年は250万円だっただけに一気の上昇振りでは有りますが、産駒がそれに見合う活躍ぶりを見せていますし、また同馬も既に18歳となったことから妥当な金額では無いでしょうか。

スタリオン側としては同馬が高齢となってきた事から、種付け頭数をある程度制限すべく値上げを決定した模様。今年も前年の250万から600万へと一気に値上げし、種付け頭数の制限を計ったのですが、それでも200頭を超える申し込みがあったとか。

ならばとばかりに更に200万値上げした訳ですけど、これでもまだ申し込みが殺到しそうな気も・・・。日高の生産者の悪い癖で、流行の種牡馬ならば計画性も無く、借金してでも種付けしようとする人はまだ多く存在しますしね。

特にメジロマックイーンの肌にステイゴールド産駒ならば、ほっといても売れる筈と考えている生産者は多く存在するでしょう。

そんな浅はかな・・・と僕などからしたら考えちゃうんですが、実際のところ売れちゃいそうな気もするんで困っちゃうんですけどね(苦笑)日本の馬産は、売る方も買う方もまだまだブランドイメージに流され易いのが現実ですから。

個人的にはこの値上げが奏を効して種付け頭数が制限され、一定レベルの繁殖の質を維持しつつ、末永く種牡馬生活を送ることが出来るようになると良いなと思っています。

日高の中小の生産者には手が出し辛くなるかもしれませんが、その分産駒のナカヤマフェスタやドリームジャーニーに流れればとも思いますし。

競走馬として大器晩成型でしたが、種牡馬としてもそうであったステイゴールド。これからも元気で長生きして欲しいですね。

※ビッグレッドファームのステイゴールドのページはこちら


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/18 12:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。