スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フランキー・デットーリ騎手がゴドルフィンと専属契約を解消・・・


2012_10_23デットーリ

日本時間21日の夜に突如としてゴドルフィンから発表され、世界を震撼させることになったフランキー・デットーリ騎手との専属契約解消のニュース。

この一報に最初に接した時は私もさすがに驚きを禁じ得ませんでしたが、最近のゴドルフィンを取り巻く状況と、デットーリ騎手自身のスタンスを改めて振り返ると、『これはある程度前から予定されていた出来事だったのかな・・・』と考えずにはいられませんでした。。。

スポンサードリンク


■世界中の競馬ファンから愛された偉大なる騎手


フランキー・デットーリ騎手と言えば『彼が乗れば5馬身は違う(吉田照哉氏・談)』と言われた程の卓越した騎乗技術と、フライング・ディスマウント(デットーリ・ジャンプ)に代表されるパフォーマンスや底抜けに明るい笑顔で、世界中の競馬ファン・関係者に愛され続けている稀代の名ジョッキーです。

日本でも彼のことは非常に尊敬されており、デットーリ騎手と親交があることで知られる横山典弘騎手などは、彼の代名詞であるフライング・ディスマウントを真似しているほど。

デットーリ騎手自身は、長年ゴドルフィンと専属契約を結んでいた関係上、日本で騎乗する時はほぼ全てがスポット参戦でした。しかし短期免許で来日する他の外国人騎手たちに比べると、圧倒的に騎乗機会が少ない筈のデットーリ騎手が、何故これほどまでに日本で認知され、且つ愛されているのか・・・?

それはやはり彼のズバ抜けた実績と、魅力溢れる人間性によるものであることはまず間違いないと思います。

その世界中で愛され、競馬史に名を残す偉業を次々と打ち立てたデットーリ騎手が、遂にあのロイヤルブルーの勝負服を脱ぐ時が来た・・・。これはまさに一つの時代の終焉を告げる、競馬界にとって非常に大きな意味を持つ出来事となるでしょう。


■若き天才と共に歩む決断をしたゴドルフィン

今回デットーリ騎手と専属契約を解消したゴドルフィンは、今後は若干21歳の若手騎手であるミカエル・バルザローナを主戦騎手として、来年以降の大レースを戦っていくことになるでしょう。

昨年、若干19歳の若さで英国ダービーに騎乗し、見事プールモアをダービー馬に導いたバルザローナ騎手。今年のドバイWCではモンテロッソに騎乗し見事優勝するなど、若き頃のデットーリ騎手を髣髴とさせるような素晴らしい活躍を見せています。

この若き天才ジョッキーと、今年の3月に専属契約を結んだのがゴドルフィン。

今シーズンはデットーリ騎手とバルザローナ騎手の2人が、お互いに有力馬を分け合う体制で臨んでいましたが、先頃の英セントレジャーでエンケに騎乗したバルザローナ騎手が、見事キャメロットの三冠を阻止するなど最近成長著しいことなどから、今後はバルザローナ騎手を主戦騎手として戦っていく事を決断したのでしょう。

デットーリ騎手もゴドルフィン側のそういった思惑を感じ取っていたのか、最近では愛チャンピオンSでスノーフェアリーに騎乗したり、凱旋門賞ではゴドルフィンのライバルであるクールモア所属のキャメロットに騎乗するなど、徐々に活躍の場を拡げる様な行動を取っていました。

先頃の凱旋門賞でキャメロットに騎乗することが決まった時は、『え!?クールモアの馬に乗るの??』とびっくりしたものでしたが、もしかしたらその頃から今回の事は既に決まっており、ゴドルフィン側から『好きにしていいよ』と言われていたのかも知れませんね。

あの時は『これは凄いことになった!』と興奮するばかりでしたが、もし想像したとおりの状況だったとすれば、少し寂しい気がしますね・・・。


■是非とも日本で見てみたい

長年纏い続けてきたロイヤルブルーの勝負服と別れを告げ、フリーとなったデットーリ騎手。この一報が告げられた当初は『来期はカタールのとある王族と専属契約を結ぶ』という噂が流れましたが、どうやらそれはあくまで噂止まりの話しで、とりあえずはフリーランスとして自由に騎乗していくようですね。

今までは(言葉は悪いですが)ずっとゴドルフィンに拘束されてきた訳でもありますので、暫くは自分の思うがまま自由に乗ってみるのも悪くないんじゃないでしょうか。それこそ決断一つで、色んな国で騎乗することが可能になった訳ですしね。

そうなれば将来的に日本にもやって来てくれるかも!?今回ゴドルフィンの拘束が無くなったので、短期免許を取得して滞在・騎乗することも充分可能になりましたからね。実現する可能性はそれなりに高そうですし、彼の事を非常に買っている吉田照哉氏なら既にアプローチしている可能性も(笑)

今のところまだ自分の夢を語っているだけですが、デットーリ騎手が日本で騎乗している姿を見たいという競馬ファン・関係者は非常に多い筈。これだけのチャンスは今後あるかどうか分からないだけに、是非とも社台グループには総力を挙げてデットーリ騎手を呼んで欲しい!と要望したいと思います(笑)


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/23 21:33 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。