スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本人の心を持つイタリア人ミルコ・デムーロが、両陛下の前でエイシンフラッシュを見事復活に導く


2012_10_28エイシンフラッシュ

近代競馬150周年を記念し、天皇皇后両陛下をお迎えし行われた『第146回天皇賞・秋(GⅠ)』。

5冠馬オルフェーヴルこそ不在でしたが、この路線に矛を向けてきた3歳馬と古馬の有力どころが顔を揃えた今回の天皇賞。まさに両陛下をお迎えするに相応しい、素晴らしい熱戦が繰り広げられたのではないでしょうか。

スポンサードリンク


■運をも味方につけたエイシンフラッシュ


ではレースを振り返りましょう。

戦前の予想通り好スタートを切ったシルポートが、いつも通りガンガンと逃げて後続を引っ張る展開。1000m通過が57秒3という時計。これも予想通りでまさにシルポートの競馬が展開されていました。

これで苦しくなったのが先行馬。シルポートは単騎で引き離して逃げていたので、大きく離された2番手以降の馬は言うほどハイペースではありませんでした。

ただシルポートは過去にこういうハイペースの逃げを打ち、それでも最後まで残ってしまうケースが何度もあった強い逃げ馬。オーバーペースで行っていると分かっても、好位に付けている騎手は勝負どころで早めに動かざるを得ません。必然的に先行馬は苦しい競馬を強いられることになってしまいました。

その展開が最大に有利に働いたのが、このレースを見事制したエイシンフラッシュ。12番枠からの発走となったエイシンフラッシュを、いつの間にか内ラチ沿いまでスッと導いていたデムーロ騎手の手腕も見事でしたが、やはり最大の勝因は間違いなくシルポートが作った流れである事は間違い無いと思います。

ところでエイシンフラッシュと言えば、上がり32秒7の脚を繰り出して勝ったダービーのように、前半スローな流れからの上がり勝負で良績を残してきた馬でした。それだけに今回、あの緩みの無い流れでどうやってあの脚を繰り出したのか訝しがる人が多いようですが、その答えはエイシンフラッシュの道中ラップも見れば分かります。

同馬の前半1000m通過タイムは大体61秒フラット。シルポートの大逃げに惑わされてハイペースだったように思い込みがちですが、しっかりと脚の溜まる時計で1000mを通過していたのですね。しかもデムーロ騎手が経済コースを通らせていた為に、余計な距離損もなく脚を充分に溜めることが出来ました。

そこから後半の1000mを約56秒3で駆け抜けたエイシンフラッシュ。しっかりと脚を溜めつつ自身が最も得意とする形になったのですから、あの爆発力も納得ですね。

また雨の影響で適度に水分を含んだ馬場となったことも、エイシンフラッシュにとってはプラスとなったでしょう。エイシンフラッシュの父キングスベストはキングマンボの産駒。キングマンボの系統は水分を含んだ馬場に滅法強いことで有名です。

一応良馬場発表では有ったものの、さすがにパンパンの良馬場とはいかなかった今回。スピードと共にパワーも内封するキングマンボ系にとっては最高の馬場だったでしょう。それは同日の7Rで同じ父を持つシャドウパーティーが快勝した事からも明らかです。

このように展開や馬場と言った、自身ではどうにもならない要素を味方につけた今回のエイシンフラッシュ。GⅠを勝つには実力だけではなく運も必要と良く言われますが、その言葉の通り運を引き寄せた時点でエイシンフラッシュの勝利は約束されていたのかも知れませんね。


■フェノーメノも強さは証明したのだが・・・

GⅠタイトルを持たない3歳馬ながら、最終的に1番人気に支持されたフェノーメノ。パドックではいつも以上に悠然と歩く姿に少し心配になりましたが、結果として全く問題はありませんでしたね。

道中は好位4番手を追走していたフェノーメノ。序盤多少いきたがるところを見せていましたが、折り合いを欠くほどではなく直ぐに蛯名騎手の指示に従っていました。

同馬の1000m通過タイムが大体60秒丁度くらい。早くもなく遅くもなくで、フェノーメノにとって理想的な流れだったのではないかと思います。

最後の直線ではカレンブラックヒルに照準を合わせ、外から交わしに行ったフェノーメノ。ここまでは蛯名騎手の計算通りの展開だったと思いますが、そこで内からエイシンフラッシュが一気に突き抜けたのは、蛯名騎手にとって想定外の出来事だったのでは。

カレンブラックヒルを交わした後、再度照準をエイシンフラッシュに合わせて追撃を開始しますが、同馬とフェノーメノの間には何頭分もの間隔が。あそこで直ぐに併せる形に持って行けていれば最後もっと際どくなったでしょうが・・・ジリジリと差を詰めましたが差す事は出来ませんでしたね。

蛯名騎手は上手く乗ったと思います。ただそれ以上に素晴らしい騎乗を見せた騎手が存在した・・・。この結果に付いては、ズバリそういうことだと思います。


■やはり打倒オルフェーヴルの1番手はこの馬

ルーラーシップの馬体をパドックで見た時、正直目を疑いました。プラス18キロの数字そのままの緩さの残る馬体・・・。元々筋肉質で大きめに見せる馬では有りますが、今回は明らかに余裕残しの馬体だったと思います。

しかし競馬ブックのPHOTOパドックではスッキリとした感じで、素晴らしく良く見せていたんですけどね・・・。あれは何だったのでしょうか?(苦笑)

さてレースですが、ルーラーシップはスタートで出遅れてしまいます。かなりの大飛びの馬なのでメンディザバル騎手が追っても直ぐには動けず、そのまま後方からの競馬に。これは痛かったですね。

道中の位置取りは大体エイシンフラッシュと同じようなところに。ただあちらは内ラチ沿いを進んでいましたが、ルーラーシップは外々を回る形になってしまいました。

そのまま勝負どころでも大外を回る形で最後の直線へ。太目の馬体が影響したのか首の使い方がやや苦しそうな感じでしたが、それでもグングンと追い上げる姿はさすがでした。

同馬が使った上がりは33秒1。これは勝ち馬のエイシンフラッシュと同じ時計です。エイシンフラッシュとは違いロスの多い競馬ながらこの脚を使うのですから、まさに『負けて強し』という言葉がピッタリの競馬内容・・・。

やはり打倒オルフェーヴルの1番手はこの馬では無いでしょうか。そう思える競馬だったと思います


■この敗戦を糧に大きな飛躍を

16番枠からの発走となってしまったカレンブラックヒル。その不利を何とか埋めるべく秋山騎手は果敢に前に行かせましたが、そのぶん馬がその気になってしまい少し掛かってしまいましたね。

カレンブラックヒルの1000m通過タイムは59秒フラットぐらい。良いペースで行けていたと思います。ただ勝負どころの4コーナー手前で、シルポートの作ったリードに焦り動いてしまったのが痛かった。

今回大逃げを打ったシルポートが存在せず、カレンブラックヒルが逃げていたと想定した場合、逃げ馬が府中の4コーナー手前で動き出すのは明らかな自殺行為です。しかも明らかなドスローならともかく、カレンブラックヒルは平均ペースで走っていた。あれでは最後脚が上がってしまうのは当然と言えるでしょう。

逆に言うとあの早仕掛けで最後までしぶとく粘っていたカレンブラックヒルは、やはり非凡な能力を持った存在であるとも言えます。距離もやっぱり長かったと思いますしね。まさに父ダイワメジャーを髣髴とさせる名マイラーへと、今後成長していくのではないでしょうか。

まだまだ同馬は3歳。今回初めて土が付いてしまいましたが、敗戦は更なる成長へのキッカケともなります。この経験を糧に、父ダイワメジャーが果たせなかった海外GⅠ制覇を成し遂げるような名馬へと、大きく飛躍して欲しいと思います。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/28 22:04 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。