第一回ジョッキーベイビーズ覇者の木村拓己くんが、見事JRA競馬学校騎手課程に合格!


2012_07_19木村拓己君

29日、JRAから平成25年度競馬学校騎手過程(第32期生)の入学試験合格者の発表がありました。

競馬学校騎手課程、来年の入学内定者は女子1人含む7人 / ラジオNIKKEI

総数153名の受験者の中から、晴れて入学試験を突破し競馬学校の門をくぐる事になった入学内定者は7名。その入学内定者のリストの中に、競馬ファンなら見覚えがある名前が混じっていました。

その見覚えのある名前とは、2009年の第一回ジョッキーベイビーズでド派手なガッツポーズを見せながら先頭でゴール板を通過し、多くの競馬ファンの強烈なインパクトを与えたてくれた、あの木村拓己君です。

スポンサードリンク


■あの少年が競馬学校の門をくぐる事に・・・


そうですか。木村拓己君がド派手なガッツポーズを見せて優勝した第一回ジョッキーベイビーズから、もう3年の月日が経つんですね。

あの当時はまだ小学6年生だった木村拓己君。小さくて可愛らしい男の子だった彼が立派に成長し、競馬学校の門を叩く時がやってきたのですから、月日が経つのは本当に早いものだと実感します。

ジョッキーベイビーズの優勝者インタビューの時、『将来は騎手になりたい!』と目を輝かせながら語っていた拓己君。その夢を決して忘れること無く、憧れの存在である三浦皇成騎手を目標に日々研鑽を重ねてきた彼は、今年7月に国体馬術の北海道予選に出場。

ライバルはみな年上ばかりという状況の中、難しいとされる貸与馬競技に出場した拓己君は、見事な手綱捌きでライバル達を下して優勝。国体の北海道地区予選で中学生が優勝したのは史上初の快挙だったそうで、その一報を耳にし、思わず興奮して記事を書いた事を良く覚えています。

【その時の記事】
第一回ジョッキーベイビーズ覇者、木村拓己くんが快挙達成!


その時も『将来の夢は競馬の騎手』と語っていた拓己君。ただ馬術の選手としても将来の展望が開けていただけにどうするのかな?と思っていたのですが・・・。小さな頃からの夢は、全く揺らいでいなかったんですね。

あのジョッキーベイビーズから更に技術の研鑽に励み、乗馬エリートと言っても良い実績を引っさげて競馬学校の門をくぐる事になった拓己君。彼は今回見事に夢への第一関門をクリアした形になるわけですが、今週はその夢の出発点となったジョッキーベイビーズが東京競馬場で行われます。

全国各地で行われた予選を勝ち抜きここに集うのは、将来の騎手を夢見る少年少女たち・・・。そう、3年前の拓己君のような子供達が、今年も全国各地から集まります。

その子供達にとって拓己君が通ってきた軌跡は、まさに目標とすべき道程、理想とする姿です。今後このジョッキーベイビーズが完全に定着し、騎手を夢見る少年少女を数多く誕生させ競馬界を盛り上げる為にも、是非とも木村拓己君には騎手として大成功して欲しいと思いますね。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/10/29 22:32 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL