スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キングジョージの覇者ナサニエル引退・・・。今後は種牡馬としてフランケルと戦い続けていくことに


2012_11_02ナサニエル

昨年のキングジョージ6世&クイーンエリザベス2世S(英GⅠ)で見事な勝利を見せたほか、今年も休み明けのエクリプスS(英GⅠ)を快勝し、連覇を狙ったキングジョージではデインドリームとの壮絶な叩き合いを見せるなど、常にトップホースとして活躍してきたナサニエル。

そのナサニエルが前走の英チャンピオンS(英GⅠ)を最後に現役を引退し、イギリス・ニューセルスパークスタッドで種牡馬入りする事を、アメリカの競馬専門サイト『BloodHorse.com』が報じました。

Nathaniel Retired, to be Syndicated / BioodHorse.com

2年間にわたり欧州競馬の頂点で活躍し続けてきたナサニエル。まずはお疲れ様と言ってあげたいですね。

スポンサードリンク


■種牡馬としてフランケルを逆転することが出来るか


ナサニエルは父ガリレオ、母マグニフィセントスタイル、母の父シルヴァーホークという血統の4歳牡馬(詳しくはこちら)。

同世代の最強馬で、デビュー戦とラストランで2度対戦したフランケルとは同じ父ではありますが、ナサニエルは母系のロベルトが強く出たのかスピードよりもスタミナとパワーを売りにした名馬でしたね。

父のガリレオの種牡馬としての実績は今更言うまでもありませんが、ナサニエルは母系も優秀。母のマグニフィセントスタイルは今まで10頭の産駒をこの世に送り出していますが、その内8頭がステークスウィナーとなり、重賞勝ち馬は6頭。その内3頭はGⅠを制しているのですから、相当な名牝であると言わざるを得ません。

また孫世代からも既に重賞勝ち馬が複数出ていることから、今後世界的な牝系へと発展していく可能性も・・・。そういった活力溢れる母系に、今最も勢いあるガリレオの血を引くナサニエル。種牡馬としての成功は既に約束されている、そう言っても良いかも知れませんね。

今後はイギリスで種牡馬生活を送ることになるナサニエル。奇しくもデビュー戦で相対したフランケルと同時の種牡馬入りとなりましたが、競走馬としては歯が立たなかったライバル相手に、種牡馬としては逆転できるよう頑張って欲しいと思います。

※ナサニエルの詳しい戦歴はこちら


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/11/02 12:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。