スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姉弟で2日連続重賞制覇達成。流れも向き、力を存分に出し切れたミラクルレジェンド




5日に川崎競馬場で行われた『第2回JBCレディスクラシック』。

ファンファーレがなっている最中にゲートが開いてしまうなどという不手際もありましたが(苦笑)、見事このレースを制してダート女王に輝いたのは、昨年に続く連覇となったミラクルレジェンドでした。

スポンサードリンク


■力をしっかりと発揮したミラクルレジェンド

見事な走りでJBCレディスクラシック連覇を成し遂げたミラクルレジェンド。その実力が抜けていたのは確かでしょうが、スローな流れで馬群が凝縮する形となり、結果として瞬発力勝負になったのも同馬に味方したかもしれません。

ダート馬にしては細身の馬体をしているミラクルレジェンド。その身体つきが示すように、一瞬の切れに関しては現役トップクラスのものを持っていますが、反面力勝負になると詰めの甘さが顔を覗かすようになります。

今回もペースが速くなって地力勝負になっていたら取りこぼしていたかも知れませんが、スローのヨーイドンの競馬になった為、同馬の一番の長所である切れが生きる形になりました。ああいう形になると強いですね。

川崎コースは過去に2戦して3着2回と勝ち切れていませんでしたが、今回待望の初勝利を上げることが出来ました。これで少しは苦手意識も薄れたかな?5歳の秋を迎えてもまだまだ力の衰えは感じられないだけに、今後も頑張ってほしいですね。


■対照的にこちらは長所を活かしきれず

2着のクラーベセクレタは道中の行きっぷりがイマイチでした。周囲をがっつりと囲まれる形になったので、馬が戸惑ってしまったのでしょうか?向こう正面で戸崎騎手の手綱が動いていた時は、大敗も覚悟したんですけどね。

それでも何だかんだ言って2着まで押し上げてきたのは地力でしょう。4コーナーと直線で前が詰まるような場面も見受けられましたが、あれが無くても2着が精一杯だったかな。あの流れだと切れ味勝負でミラクルレジェンドには勝てなかったでしょうし。

ワイルドラッシュ産駒は代表産駒のトランセンドを見ても分かるように、変に我慢させるよりも伸び伸び走らせた方が結果が出易いです。クラーベセクレタも典型的なワイルドラッシュ産駒だけに、自分で動いて競馬を作っていった方が良い馬だと思うのですが。

今回戸崎騎手は意図的にクラーベセクレタを控えさせたように見えました。溜めれば良い脚を使えるとの判断がそうさせたのかも知れませんが、結果としてミラクルレジェンドを上回るような脚を使う事は出来ませんでしたね。

先輩の内田博幸騎手とよく比べられる戸崎騎手ですが、内田騎手と比べると若干物足りない面が有る事は否定できません。その物足りなさの一つに、この判断力の悪さがあるかも知れませんね。

►馬事総論のFacebookページを開設しました

 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/11/06 07:30 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。