スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全てが上手くいったアルムダプタが無敗で北海道2歳優駿を制す




8日に門別競馬場で行われた2歳の交流重賞、『第39回北海道2歳優駿(Jpn3)』。

地元ホッカイドウ勢、JRA勢共に楽しみなメンバーが揃ったこの一戦を制したのは、キャリア一戦だけの伏兵、幸英明騎手騎乗の7番人気アルムダプタでした。

スポンサードリンク


■展開が味方したアルムダプタ

勝ったアルムダプタはJRA勢の中では一番仕上がっていたと思います。早めに門別に入厩し調整を重ねられていたようですが、それが功を奏したようですね。

またレースの流れも同馬に向きました。道中は人気の一角であるジェネラルグラントが引っ張る展開。これにカイカヨソウ、コスモコルデスが差を無く続き、ホッカイドウの2歳戦としては珍しいぐらい前半から厳しい流れに。

有力各馬が積極的に前へ前へと意欲を感じさせる競馬を展開したので、中団でジッとしていたアルムダプタにとっては絶好の展開となりました。また幸騎手も終始馬群の内を通る事を心がけ、出走馬中一番ロスの無い競馬を見せていましたしね。

直線、有力馬たちの脚が上がったところで内からアルムダプタがスコーンと突き抜けましたが、見た目ほど能力差はないでしょう。アルムダプタは今回かなり恵まれましたからね。恐らく掲示板に乗った馬たちは殆ど能力差は無く、レースをやるたびに着順はコロコロと変わると思います。

勝ったアルムダプタは父スペシャルウィーク、母リベラノ、母の父Rubianoという血統の2歳牡馬(詳しくはこちら)。

阪神の新馬戦を勝ち、2戦目で重賞制覇と優秀な成績を残していますが、正直大物感は感じないかな?年末の全日本2歳優駿に出てくれば人気しそうな気はしますが、アッサリと土が付きそうな気がします。

個人的には、同馬よりも厳しい競馬をして2着になったコスモコルデスの方がまだ魅力的ですね。まあ同馬の場合、既に6戦を消化したということで今後の上がり目は期待出来ないかも知れませんが(苦笑)


■クラグオーの巻き返しに期待

期待していたクラグオーは7着に終わりました。期待していただけに、この結果は正直ショックですね・・・。

パドックで馬を見た時は『悪くない仕上がりだな』と思ったんですが、レースではいつものような掛かるぐらいの行きっぷりが見られませんでした。

このレースが今年9戦目。しかも前走ははるばる川崎まで遠征しての競馬でしたから、やはり蓄積された疲れが有ったのかも知れません。こんなに負ける馬ではない筈ですからね。

とりあえず今シーズンのホッカイドウでの競馬は終わりました。全姉のクラキンコはホッカイドウ競馬休催中は南関東へと移籍し競馬を使っていましたが、クラグオーは数を使っていますしこのまま休養が濃厚かな?

おそらく来年もホッカイドウ競馬所属として、姉弟での3冠達成を目指して戦っていくことになるでしょう。そして後々には種牡馬入りし、マルゼンスキーの、そしてクラキングオーの血を後世に伝える役目を果たしてくれる筈。

今回の結果は残念でしたが、これでクラグオーの競走生活が終わった訳ではありません。元々晩成の血が色濃い血統ですし、今後もまだまだチャンスはあるはず。来年以降更に力を付けて、いつの日か今回のリベンジを果たしてくれることを期待したいと思います。

►馬事総論のFacebookページを開設しました
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/11/09 08:00 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。