スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

波乱の空気が漂ってきたエリザベス女王杯・・・主役となり得る厳選6頭はこちら


20111113スノーフェアリー
Photo by daba_jp

ヴィルシーナが圧倒的1番人気に支持されているエリザベス女王杯ですが、時間が経つに連れて徐々に波乱の空気が高まりつつありますね。

スポンサードリンク


■再度挑戦状を叩きつける意味でもここは負けられない


この記事を書いている時点で、ヴィルシーナは単勝1.9倍の圧倒的1番人気。牝馬3冠全て2着で、天敵ジェンティルドンナがいないとなればこの人気も当然ですかね。

ここが秋三戦目。陣営は最高の状態とコメントしているようですが、半分はハッタリでしょう。競馬の世界では良くあることです(笑)

ただ良い状態はキープしていると思います。全力の仕上げを施した秋華賞ほどでは無いにしても、それほど状態は落ちること無くレースに出てこれるのではないでしょうか。追い切り動き自体は中々良かったですからね。

後は今までマークする方だった立場からマークされる方へと変わったことにより、どういった競馬を見せるかでしょう。今回は好位から勝ちに行く競馬を見せると思いますが、他馬もヴィルシーナの仕掛けに併せてレースをして来るはず。それを凌げるかどうかですね。

展開面等を考えると決してヴィルシーナにとって楽な競馬にはならなそうですが、再度ジェンティルドンナに挑戦状を叩きつける為には、ここは是が非でも落とせない戦いとなるでしょう。

今回のエリザベス女王杯はヴィルシーナの真価が問われるレースとなりそうです。


■こちらだってGⅠ馬。巻き返しは充分

ホエールキャプチャは前走の府中牝馬Sで11着と大敗しましたが、直線半ばまでは抜群の手応えで圧勝するかと思いました。そこからサッパリ伸びないという手応え詐欺(苦笑)にしてやられた訳ですが、あの負け方は典型的な休み明けの負け方だけに、一叩きされた今回はグッと変わってくるでしょう。

今回は早めに栗東に入厩し、本追い切りは栗東坂路で行ったホエールキャプチャ。このパターン自体は3歳時から御馴染みのものでどうということは無いのですが、追い切りの動きが素晴らしかったですね。

今回栗東坂路では自身の過去最速となる4ハロン52秒0という快時計を計時。これを単走で叩き出したのですから、一叩きされてグッと体調が上向いたのは間違いない筈。そうなると春にはGⅠヴィクトリアマイルを制した実力馬。勝ち負け必至の評価を付けるのが当然だと思います。

現在京都競馬場は雨が降り続いており、馬場の悪化も避けられない状況。同馬はクロフネ産駒だけに時計の掛かる馬場になるのは大歓迎のクチでしょう。ヴィルシーナが断然人気の状況ですが、その人気ほどホエールキャプチャとの差は無いと私は思っていますが・・・。


■追い切りで素晴らしい動きを披露

今回追い切りが抜群に良かったのがオールザットジャズでした。CWで馬なりのまま好時計をマークした訳ですが、唸りを上げているような素晴らしい動きでしたね。

元々素質の高さは折り紙つき。馬体の良さはこのメンバーに入っても上位クラスのモノを持っています。ここ3戦は期待に応える結果を残せていませんが、さすがリーディング常連の角居厩舎、大一番に合わせてきっちりと馬を仕上げてきた印象です。

今回有力どころに好位から競馬する馬が揃ったので、早めに前が潰される展開が予想されています。そうなると中団から競馬をすることになるであろう同馬にとっても好都合。

馬場が悪くなってもそんなに苦にしない馬ですし、一発有るならこの馬かなと思っています。


■出来落ちだが実力の高さから見限れない

現在2番人気のフミノイマージン。このメンバーに入ると札幌記念勝ちの実績は大威張り出来ますし、実力も当然上位かと思いますのでこの人気は当然でしょう。

私も週中ぐらいまではこの馬が当然勝ち負けになるだろうと思っていたんですが・・・追い切りがイマイチなんですよね。GⅠの追い切りがポリトラックと言うことも?マークですし、動き自体も道中かなり行きたがっていた割りには、追い出されてからの反応がサッパリ。

一週前にはCWコースで追われていますが、この時もパートナーに遅れていますしね。夏場から使われている馬ですが、もしかしたらここに来て出来が落ちてきたのかもしれません。

馬場が悪くなるのは問題ない馬ですし、展開もそれなりに向きそうなイメージは有るので押えは必要ですが、勝ち切れるかと言われると正直疑問かなと思います。


■道悪ならこの馬

雨により馬場悪化が避けられないとなると、俄然浮上してくるのがレインボーダリアですね。同馬はブライアンズタイムxノーザンテーストという血統。道悪は大歓迎でしょう。

この馬の良いところはただ単に道悪だけの馬じゃないということで、良馬場の競馬でもクイーンS4着、府中牝馬S4着と健闘しています。特に前走の府中牝馬Sでは上がり32秒9の末脚を計時。良馬場での脚力も重賞勝ち負けレベルという事で、ここは更に期待できますね。

追い切りの動きもなかなかのモノで、状態はかなり良さそうに見えたレインボーダリア。一角崩しの可能性は結構あると思っています。


■3着なら充分ありえる

マイネオーチャードは1000万下を勝ったばかりですが、現在の充実ぶりとこのメンバー構成なら、どうにかなるのではないかと思いました。正直GⅠと言っても実質GⅡ・GⅢクラスのメンバー構成ですからね。

近走は掲示板を外さない安定感を誇っていますし、前走も早めに動いて押し切るという強い内容でした。オープンでもやれる力を持つメイショウカドマツに完勝ですから、牝馬重賞なら充分足りる計算は成り立ちます。

また雨馬場と大舞台に強いステイゴールド産駒というのも好印象ですね。特に雨馬場に関してはステイゴールドxティンバーカントリーという血統ですから鬼の可能性も。

展開も同馬に向きそうですし、勝負師・柴田大知騎手が思い切った騎乗を見せることが出来れば、大物喰いも充分可能ではないかと思っていますよ。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/11/11 11:49 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。