スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気持ちよく明日を迎える為に。東京スポーツ杯2歳Sで押えておきたい厳選6頭


東スポ杯2歳S勝ち馬 ディープブリランテ(岩田康誠)2
Photo by arima0208

昨年はディープブリランテがこのレースを制し、ダービー馬へと飛躍を遂げました。近年の同レース上位入線馬を振り返っても、後のGⅠ馬が何頭も輩出している東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)

今年はどの馬がこのレースをステップに、栄光の舞台へと飛翔していくのでしょうか。

スポンサードリンク


■適性不問で結果を残しそうなコディーノ


札幌2歳ステークスで他馬を寄せ付けない強さを見せ、重賞制覇を果たしたコディーノ。ここも人気になっていますが、あのレースを見せられたらそれも納得ですね。

持ち前の能力に加えて完成度も高いコディーノですから、相手が強化されるここでも軸はこの馬で不動でしょう。東京競馬場は午後から雨予報となっていますが、道悪馬場に滅法強いキングカメハメハ産駒というのも心強い材料です。

一部では札幌での2戦の内容が鮮やかだったことで、小回り向きの機動力タイプでは?という声も有るようですが、私は広いコースでも充分実力を発揮できると思っています。ローズキングダムに似ているタイプだと思うんですよね。切れもあるけど長く良い脚も使うという。

少なくとも2歳・3歳の早いうちは、適性云々を凌駕する結果を残してくれそうな気がしています。


■器の大きさなら見劣らない

このレースには藤沢和雄厩舎が有力馬を2頭出していますが、そのもう一頭が2連勝中のレッドレイヴン。新馬を勝った時はまだ半信半疑でしたが、前走の百日草特別の強さを見るとこれは本物ですね。

難しい中一週での出走ということで直前の追い切りは軽めでしたが、動き自体は仕掛けられると瞬時に反応するなど良いモノでした。間隔が詰まっていることの反動がレースで出なければ、充分争覇圏内だと思います。

この馬も道悪に関してはそんなに心配いらなそうです。新馬戦では函館の重い馬場を他馬を子ども扱いにして勝ってますし、血統的にもロベルト系シルヴァーホークの肌にミスプロ系スマートストライクですから、却って道悪馬場は歓迎のクチかも。

完成度の高さに関しては同厩のコディーノには及びませんが、上手く立ち回れれば能力差はさほど無いと思います。


■切れ味身上だけに雨が降ると・・・

いちょうSでは直線まともに追えず、脚を余す形で2着に敗れてしまったサトノノブレス。負けて強しの内容だっただけに、ここでも当然首位候補の1頭であることは間違いないでしょう。

追い切りではこのレースからコンビを組む岩田康誠騎手を背に、豪快な動きを見せたサトノノブレス。走りっぷりは荒削りでまだまだ完成度は低そうですが、直線の長い東京コースは向いているだけに良い走りを見せてくれそうです。

懸念材料があるとすれば雨かな。本質的に良馬場でこその馬でしょうから、雨が降って切れ味が削がれる馬場になると辛いと思います。その点だけはしっかりと考えて馬券検討に生かしたいところですね。


■東京芝1800mの申し子!?

前走、今回と同じコースで行われた未勝利戦を逃げて圧勝したケンブリッジサン。フサイチホウオー産駒ということで注目を集めていますが、能力の高さも中々のモノを持っていそうですね。

シャドーロールをしている姿を見ると『父親にソックリだなぁ~』と思ってしまうケンブリッジサンですが、父親のフサイチホウオーも6年前のこのレースの勝ち馬でした。また同じ舞台設定で行われた共同通信杯も勝っており、東京芝1800mの申し子的存在でしたね。

そんな父の血を継ぐケンブリッジサンですから、ここでは一発大駆けも期待したいところ。サンデーサイレンスの3x3という強いインブリードを持っている同馬ですが、その血が重賞で花開くか注目です。


■馬場が渋れば浮上

ミヤジタイガは中山で行われたアスター賞の勝ち馬。良馬場の切れ味勝負になると分が悪そうですが、馬場が渋って時計が掛かるようだと浮上してきそうな1頭です。

血統的にも父のネオユニヴァースはサンデー系の中では道悪が得意な部類の種牡馬ですし、母系もミスポロ直系のゴーンウェスト系ですから心配はいらないでしょう。今週の追い切りでも、馬場が重い坂路をしっかりとした脚取りで駆け上がって行っていましたからね。

内枠を引いたので好位でじっと我慢する競馬が出来そうですし、馬場が悪くなるようなら是非とも押さえたい1頭です。


■良馬場でやりたいところだが・・・

インプロヴァイズは新装オープンとなったシルクHC期待の1頭。堀厩舎に預けられたように素質・能力は非常に高そうなインプロヴァイズですが、道悪馬場になった時にどうかなと。ウォーエンブレム産駒って道悪馬場だとあまり良い成績を残していないんですよね。

ここまでの2戦を見ても切れ味が身上というタイプの馬に見えるだけに、雨予報は正直マイナスかな。良馬場で行われるのならば充分馬券圏内が計算できる馬だと思いますけど。

今のところ馬場予想が難しいところだけに、現時点では取り捨ての当落線上といった扱いでしょうか。今後の馬場の推移を見て、再度検討したいところですね。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/11/17 08:30 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。