コディーノが見せた強さは過去の名馬たちに引けを取らぬモノ ~東京スポーツ杯2歳Sレース回顧~




ここ数年、このレースの出走馬から何頭ものGⅠホースを送り出してきた東京スポーツ杯2歳ステークス。

今年は圧倒的1番人気に支持されたコディーノが、その評価に違わぬ強さで圧勝した訳ですが、過去にこのレースから大きく飛躍したトップホースたちに引けを取らぬ素質を、そのレース振りから感じ取ることが出来ました。

スポンサードリンク


■現時点での2歳最強馬


パドックでのコディーノですが、出来の良さが目立ってましたね。リズミカルな歩様で、後肢の蹴りの強さが素晴らしかったです。パッと見た感じはキングカメハメハ産駒らしい感じ。マイルから2000mぐらいがベストの馬に映りました。

さてレースですが、スタートはややアオった感じで出ました。ただ二の脚が速く、自然と好位に取り付く形に。

レース前半はそれなりにペースが速かったのにも関わらず、結構行きたがっていました。この辺は久々も影響したのかもしれません。ただレース中盤以降は力も抜け、良い感じで追走できていましたね。

最後の直線では最初前が開かずに、やや右往左往する場面が見られましたが、残り400mを切った辺りで前が開くとそこから一気に突き抜け先頭へ。

結果的に前が塞がったことで仕掛けが遅れ、脚を溜められた面は有ったでしょうが、それにしてもレース後半で最速ラップが計時されやすいあの区間で、あれほどの脚を使えるのだから素晴らしい。しかもムチは1~2発入れただけで、まだまだ余力充分なままゴール板を通過したのですから末恐ろしいです。

圧巻の強さで重賞連勝を飾ったコディーノ。まだ全力で走った姿を見たことが無く、同馬が現時点で2歳最強なのは間違いないところでしょう。今後は朝日杯もしくはラジオNIKKEI杯と言われていますが、個人的には朝日杯の方が良いような気がします。距離が伸びて良いタイプじゃありませんから。

変に先ばかり見据えるよりも、タイトルは取れる時に取っておいた方が良いと思いますが・・・藤沢師の今後の判断に注目ですね。


■距離が伸びたらこっちかな

パドックでのレッドレイヴンですが、中一週の影響は感じさせずに落ち着いて歩いていましたね。外国産馬にありがちなムキムキな馬体ではなく、スラッとした脚の長い体型をしているレッドレイヴン。距離は長ければ長いほど良さそうなタイプに見えました。

さてレースですが、ゲートの出はマズマズでした。ただ大外枠の不利を考慮したのか、内田博幸騎手は最初から出していく気は無く、後ろに下げて後方からの競馬を選択しましたね。

結局道中は後方2番手からの競馬に。行きたがる面も見せずにリラックスして走っていました。間隔が詰まっている馬というのはどうしても行きたがるものですが、この落ち着きは素晴らしいですね。精神面の強さを感じることが出来る場面だったと思います。

ちなみにこのレースの前半1000m通過時計が58秒4。時計だけを見ると先行場に厳しい流れに映りますが、逃げたロードシュプリームが2番手を5馬身ほど離す逃げを打っていた為に、実質好位勢は59秒半ば程度のペースで走っていました。緩い流れではなかったですが、言うほど先行馬に厳しい流れでもなかったと思います。

そんな流れの中後方から競馬を進め、直線では大外に持ち出される形になったレッドレイヴン。東京の馬場はこの日からCコース設定となり極端に内が残る馬場だったんですが、そういう馬場で外から差し込んできた脚は素晴らしかったですね。

結果的にコディーノには及びませんでしたが、着差ほど能力差があるようなレースには感じませんでした。現時点の完成度に差が有るのは疑うべくもありませんが、競走馬としての器自体は互角なのではないかと思ったほど。

距離が伸びて良いのは間違いなくレッドレイヴンの方ですし、来春のクラシックの頃には逆転していてもおかしくないと思います。


■今後が楽しみな好素材

フサイチホウオー産駒として個人的に注目していたケンブリッジサンですが、いやぁ~良い馬ですね。如何にもバネを感じさせる良質な筋肉に覆われた馬体。将来性はかなりのモノではと感じました。

前走は逃げたケンブリッジサンでしたが、今回はロードシュプリームが逃げた為に2~3番手からの競馬。やはり結構行きたがっていましたが、なんとか我慢は利きました。ただあそこで行きたがった分、最後脚が鈍っちゃった面は否定できませんね。

そのまま良い感じでレースを進め、直線では馬なりのまま先頭に立ったケンブリッジサン。結局上位2頭が強かったのと、レース序盤に折り合いを欠いたせいで4着と敗れましたが、その素質の高さはアピールできたのではないでしょうか。

あとはシャドーロールを付けている様に頭が高く首が使えていない為、後肢だけで走っている様な走法が改善されれば重賞も取れそうなんですが・・・そこは今後の課題ですかね。

いずれにしてもフサイチホウオーの種牡馬としての将来は同馬に掛かっているだけに、是非とも活躍して欲しいと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/11/20 12:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL