スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これは新星誕生か!?レッドクラウディアが圧勝で初重賞制覇を飾る




5日の船橋競馬場では、牝馬ダートグレードレースの一つ『クイーン賞(Jpn3)』が行われました。

勝ったのはJRA所属の3歳馬レッドクラウディア。この路線のトップホースの1頭であるクラーベセクレタを圧倒したレース内容は、まさに新星登場と呼ぶに相応しい見事なものでしたね。

スポンサードリンク

■後には牝馬ダートグレードの頂点も

展開に恵まれたのは確かですが、にしてもレッドクラウディアは強かったですね。

あのクラーベセクレタに4馬身差ですか・・・ヨーイドンからの脚力では完全に一枚上手でした。瞬発力に秀でたアグネスタキオンと、ワンペースの競馬に強いワイルドラッシュとの適性の差が出たレースだったかもしれません。

また逃げれたのもレッドクラウディアにとっては良かったでしょう。ユニコーンSの時に強く感じたのですが、同馬はどうも砂をあまり被ると良くないタイプらしく、酷い時は嫌気をさして競馬を辞めてしまうところが有ります。

気分良く走れれば今回のように高い能力を発揮できるのですが、気分が向かないと惨敗する可能性もあるお嬢様タイプの同馬。それだけに砂を被らずに済む逃げが向いていることは間違いないでしょう。

反面今後はこのように楽に逃げれるとは限らないので、ある程度砂を被っても我慢できる精神面の構築が、今後の活躍の鍵を握っていそうですね。その辺は今勢いに乗っている石坂師の手腕に期待というところでしょうか。

いずれにしても素質の高さは折り紙つきの同馬。今後このまま成長できれば、ミラクルレジェンドの後継者の座も狙える存在であることは間違いないでしょう。私にとっても何かと縁のある馬なので、このまま順調にいって欲しいと願っています。


■来年は頂点を狙いたい

クラーベセクレタにとっては辛い流れになってしまいましたね。同馬はある程度流れた地力勝負に強いタイプなので、ヨーイドンの競馬になると苦しいところが有ります。

まあそれでも2着に入るのだから、さすがに牝馬ダートグレードではトップクラスの実力の持ち主といったところでしょう。今後も展開次第では充分逆転できる可能性は有ると思います。

来年からJBCレディスクラシックがGⅠへと格付けされることが先日決定しました。地方所属馬でタイトルに一番近い存在は間違いないだけに、悲願の戴冠なるかどうか注目して行きたいところですね。


■宮川騎手はもっと注目されるべき存在

高知のアドマイヤインディの激走には驚きましたね。宮川実騎手が非常に上手く乗ったという印象です。終始内ラチ沿いから離れずにコースロスをしないことを心掛けた騎乗。お見事だったと思います。

知っている方も多いと思いますが、騎乗した宮川実騎手は落馬事故の影響で片目を失明しておられます。普通ならば失明した時点で騎手を諦めざるを得ないのでしょうが、宮川騎手は不屈の闘志と血の滲むような努力の結果、騎手としての復帰を勝ち取りました。

そして今では高知競馬のリーディングを争うような位置で活躍されているのですから、本当に素晴らしいとしか言い様がありません。このような人はもっとスポットライトを浴びるべきだと思うのですが・・・。

今回も素晴らしい手綱捌きで、超人気薄のアドマイヤインディを3着まで導いた宮川実騎手。いつかJRAでもその手綱捌きを披露する機会が訪れたら、どんなに素晴らしいことだろうと思うんですけどね。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/12/06 12:00 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。