スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オルフェーヴルの有馬記念回避は悪くない判断だと思う


Orfevre
Photo By KeibaKate

ジャパンカップで2着と敗れた後、有馬記念に出走するのかしないのか動向が注目されていた五冠馬オルフェーヴルですが、6日の調教後に管理する池江泰寿調教師から『満足できる状態に仕上げるには時間が足りない』為、有馬記念を回避するという発表がなされました。

奇しくもこの日は有馬記念のファン投票結果が発表され、オルフェーヴルが断然の支持を集めて1位に輝いたことが明らかになった日。その当日に回避発表とは皮肉な出来事となりましたが、まあ仕方が無いことかもしれませんね。


スポンサードリンク

■個人的には回避は英断だと思う

オルフェーヴルの有馬記念回避について色々な意見があると思われますが、私個人としては池江調教師の判断は勇気ある良い決断だったんではないかと思っています。

今年オルフェーヴルは国内で4走していますが、一度たりとも満足のゆく状態で出走したことがありません。そのような状態で宝塚記念を圧勝したり、ジャパンカップでジェンティルドンナと死闘を演じたりしていること自体が、オルフェーヴルが傑出した名馬であることの証明ではありますが、やはり万全の状態でないとオルフェーヴルと言えどもレースで不覚を取ることはままあります。

実際前走は色々有ったとはいえジェンティルドンナに不覚を取りました。あの時のオルフェーヴルはベストの8割程度の出来と言われていましたが、さすがに万全の状態ならばジェンティルドンナに不覚を取ることは無かったでしょう。

傑出した能力を誇る三冠馬といえども、万全の状態でないならば簡単には勝てないくらい、今の日本競馬全体のレベルは上がってきています。そういう事を鑑みると、今回の池江師の判断は充分支持できることではないでしょうか。


■来年こそはリベンジを!

オルフェーヴルの有馬記念回避の報と同時に、同馬が来年も現役を続行するが明らかになりました。一部では有馬記念に出走した場合は、それが引退レースになるという観測も流れていたので、オルフェーヴルの走りをもっと見たかった競馬ファンの一人として『改めて良かった・・・』というのが素直な心境です。

あの悔し過ぎる凱旋門賞のことを考えると、やっぱり『リベンジして欲しい!』という想いに駆られますからね。日本競馬が生んだ稀代の天才サラブレッドの真の力を、改めて世界中の競馬関係者に見せ付けて欲しいという思いは強いですから。

来年の現役続行が決定した以上、間違いなく最大目標は凱旋門賞制覇に置かれるでしょう。2年越しでの物語完結というシナリオを思い描くなら、あの悔しい思いをした10月も生きてくるのかな?という気もします。

今回の有馬記念回避が功を奏し、本来の姿を取り戻したオルフェーヴルが世界の競馬シーンを席巻する・・・。来年はそんな一年になれば、最高なんですけどね♪


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/12/07 12:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。