スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ローブティサージュのGⅠ制覇は必然 ~第64回阪神ジュベナイルフィリーズ回顧~




これといって核となる馬が存在せず、混戦状態だった今年の阪神ジュベナイルフィリーズ。

その前評判どおりにゴール前は3頭が並ぶという際どいレースとなりましたが、その中からグイッと力強い伸びを見せて抜け出したのは、5番人気ながらも前評判の高かった大器ローブティサージュでした。

スポンサードリンク

■強気な騎乗が勝機を引き寄せた

ローブティサージュの最大の勝因を一言で表すと、『無駄のないレース運び』となるでしょうか。

今回最内の1番枠を引いたローブティサージュ。内ラチ沿いのロスのないコース取りをし易い反面、馬群に包まれるリスクの高い枠では有りますが、秋山騎手は腹を括って内で脚を溜める競馬に徹しましたね。

これで直線内が開かずに追い出しが遅れれば非難されたのでしょうが、上手い具合に直線で前がばらけてスムーズに追い出すことが出来ました。まさに賭けに勝ったという印象で、秋山騎手の思い切りの良さが勝利を呼び込んだと言っても良いかも知れません。

またローブティサージュ自身も、このレースを勝つに相応しい力量の持ち主でした。追い切りでは軽めとはいっても素晴らしい動きを見せていましたし、パドックでも全く気負うところなく堂々としたもの。まだ2歳のこの時期という事で仕上がりそのものには余裕を持たせていたように見えましたが、馬そのものはここに入っても目立つ一頭でしたね。

この日の時計の掛かる馬場も、父がウォーエンブレムである同馬にとって向いたことは間違いないでしょう。軽い切れを武器とするサンデー系の馬たちは、この日の阪神では総じて苦戦していましたしね。

力量上位の馬が展開・馬場に恵まれた今回。ローブティサージュの2歳女王戴冠は、必然の出来事だったと言えるでしょう。


■名前どおりサプライズを引き起こす

クロフネサプライズの激走には驚きましたね。当日の馬体重はプラス18キロ・・・。字面だけ見ていたらまず買えない馬なんですが、いやぁ~・・・びっくりしました。

ただ改めてパドックを見直すと、決して太くは見えないんですよね。逆にトモの肉付きなんか素晴らしくて、非常に見栄えのする馬体。一つ前を行くコレクターアイテムなんかと比べても、却って良く見えるほどです。前走のりんどう賞から約2ヶ月ほど開いた訳ですけど、この間にグッと成長したということだと思います。

クロフネサプライズも勝ち馬と同様、内目の枠の利を最大限に生かした乗り方をして2着に好走した訳ですが、それにプラスして、この日の力のいる阪神の馬場も同馬に味方したことは間違いないでしょう。

この日の阪神の馬場はとにかく時計が掛かる馬場で、結局芝のレースで上がりが34秒台のレースは一つもありませんでした。このレースにしてもレースの上がりは36秒4。こういう馬場になると軽い切れを武器とするサンデー系の馬たちは辛くなり、逆にパワーの有るクロフネサプライズのような非サンデー系の馬たちが上位に来るケースが多くなります。

実際このレースの1・2着馬は、共にサンデーの血は持っていませんでした。これは昨今の芝のGⅠでは非常に珍しい出来事でしょう。それだけこの日の馬場はタフだったという証明とも言えると思います。

こういったタフな馬場に滅法強いのが、パワーのあるクロフネ産駒。一昨年もクロフネ産駒であるホエールキャプチャが2着と好走していますが、今の時期の阪神の馬場はこういったやや切れに欠けるパワー型の馬を狙うと、高配当にありつけるのかも知れませんね。


■来春が楽しみになる好走

3着に突っ込んできたのは、キャリア1戦のハーツクライ産駒であるレッドセシリアでした。

こういうパワーが求められるタフな馬場は、416キロの小柄な同馬にとって辛い馬場状態だったと思うのですが・・・よく頑張りましたね。

道中外に出さずに内に拘った三浦騎手の判断も見事でしたが、馬に力が無いと最後あそこまで来れません。キャリア一戦でここに臨むという事でどうなることかと思いましたが、そんなことを感じさせない見事なレース振りだったと思います。

個人的には来春以降もっと良くなる馬だと思っていますし、クラシックが非常に楽しみになるレースだったのではないでしょうか。

・・・出資しとけば良かったなぁ~(苦笑)


■無難な騎乗ではGⅠは勝てないということ

1番人気に推されたコレクターアイテムは4着・・・。同厩のローブティサージュとは明暗分かれる結果となってしまいましたね。

鞍上の浜中騎手も無難な競馬は見せたと思うのですが、無難な競馬できっちりと勝ち切れるほどの力が、コレクターアイテムに備わっていなかったというところでしょうか。

個人的な感想を述べるならば、浜中騎手にはもう少し積極的な競馬を見せて欲しかったですかね。いつものように中団後ろから競馬した訳ですが、正直6番枠という好枠を上手く利用した競馬には見えませんでしたからねぇ・・・。ここまで今年はGⅠ未勝利の浜中騎手ですが、あそこで勝負に行けないところがGⅠを勝てない所以なのかも知れません。

現在リーディングトップを快走している浜中騎手ですが、このまま行くとGⅠを勝っていないリーディングジョッキー誕生という前代未聞の出来事になる可能性も出てきました。

今年の残りGⅠはあと二つ(障害除く)。今週の朝日杯FSではエーシントップという有力馬に騎乗する予定の浜中騎手ですが、積極的な競馬に徹すれば決して戴冠も夢では無いだけに、何とかリーディングトップの意地を見せて欲しいと思います。


■ピークは過ぎていたか

3番人気に支持されるも、17着と大敗したサウンドリアーナ。まさに目を疑うような負けっぷりだった訳ですが、原因は体調面と気性的な難しさだったのではないでしょうか。

ファンタジーSの追い切りのときは、まさに唸るような手応えで馬なりのまま好時計を計時していましたが、今回は併せ馬とはいえ一杯に追われてやっと先着という動きでした。間違いなくファンタジーS時よりは出来落ちしていたでしょう。

またデイリー杯の時にも感じたのですが、同馬はどうも気難しいところが有ります。スムーズに競馬を出来ればファンタジーS時のような強い競馬を見せるのですが、少しリズムが崩れるとデイリー杯のように凡走してしまう面も(まあデイリー杯は少しどころじゃありませんでしたけど・苦笑)

今回の競馬では、道中かなり揉まれながら競馬していました。いままでスムーズな競馬で結果を出してきた馬だけに、あれだけ揉まれると精神面でかなり負担が掛かった筈・・・。

直線で追われだした時に首を斜めに振って嫌々していましたので、もしかしたらあの時点でもう嫌気が差していたのかも知れませんね。個人的には力を出しきっての敗戦には映りませんでしたので、次走で再度見直したいと思います。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/12/12 08:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。