スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

騎手として成長するために! 藤岡佑介騎手がフランスへの長期遠征を決断


2013藤岡佑介
Photo by sanspo

 栗東所属の藤岡佑介騎手(26歳・フリー)がフランスへ長期遠征に出発することが、24日所属するJRA(日本中央競馬会)から発表されました。

藤岡佑、仏長期遠征へ 最低でも8カ月 / デイリースポーツ

 彼がこのような決断をするとは露ほども思っておらず、驚いていると言うのが正直なところなのですが、今回彼が下した勇気ある決断には拍手を贈りたいと思います。


スポンサードリンク

■藤岡佑介騎手の勇気ある決断に拍手

 今回藤岡佑介騎手は、4月16日から12月31日までの海外渡航届けをJRAに提出。皐月賞の翌日に離日し、最低でも年内一杯はフランスに滞在し、現地で騎乗を続ける見込みとのことです。

 ただこれはあくまで現時点での予定との事で、現地での状況次第では更に長期間に渡る遠征も視野に入れているとの事。この事からも、彼が相当な決意でこの挑戦に挑もうとしていることが窺い知れますね。

 藤岡佑騎手がこの遠征を決断した理由ですが、デビュー当初は若手のホープとして将来を嘱望されたものの、近年は徐々に成績が下降気味になり、特にこの2年の成績には彼自身が納得が出来ていないこと。

 そして今年でデビュー10年目という節目を迎える藤岡佑騎手ですが、このままでは騎手として尻すぼみになってしまい先が無いという危機感が、彼の背中を押したようですね。騎手として成長する為には、自分を追い込まなくてはならないと悟ったのだと思います。

 この彼の勇気ある決断は素直に賞賛したい。日本で騎乗していれば、まだまだそれなりに稼げるポジションにいる藤岡佑騎手が、その見込める収入を投げ打ってまで挑戦する意義は大きいです。

 しかも彼は一人身ではなく、守るべき妻子が居るんですからね。まだまだお子さんも小さいですし、相当な覚悟が無ければ長期遠征など決断できなかった筈。

 良く決断したなと思いますし、彼を支える奥さんも本当に偉いなと思います。


■異国の地での経験は、彼にきっと大きなモノをもたらす筈

 元々騎乗技術そのものは確かなものを持っていた藤岡佑介騎手。

 リーディングトレーナーである矢作芳人調教師も「どの馬に乗せても折り合いの心配がないと言ってもいいくらい、馬を折り合わせるのが上手い」と彼の事を高く評価しています。

 ただ気持ちの面で少し弱いところが有り、リスクを取るよりも安全策を選んでしまう傾向がある藤岡佑騎手。現在の競馬は生産・調教技術の発達により競走馬間の能力差が小さくなっている為、騎手の決断力の差が勝負の明暗を分けることが多々有ります。

 そういったギリギリの決断を要求される騎手と言う職業で、リスクよりも安全策を取る精神性が、どれだけのチャンスを逃してしまうことになるのか・・・。藤岡佑騎手があと一歩のところでGⅠタイトルを逸し続けているという事実からも、そのことが良く分かると思います。

 今回のフランス遠征は、藤岡佑騎手のそういった精神性を改める絶好の機会となるのでは無いでしょうか。異国の地での経験は、特に精神面に大きな成長をもたらします。

 生存競争の激しいフランス競馬で、勝負の厳しさと勝つことへの執念を目の当たりにすれば、きっと心に感じるものはあるはず。例えこの遠征で結果が出なくとも、そういう厳しい環境で揉まれる事は、今後の長き競馬人生において大きなプラスになる筈です。

 現時点ではいつ日本に帰って来るかは分かりませんが、いつの日か凱旋した暁には、かの地で大きく成長した姿を見せてくれる事を期待したいと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/02/25 20:46 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。