スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コディーノはこの追い切り内容で果たして大丈夫なのか?


コディーノ2
Photo by arima0208
 
 今週は皐月賞の最重要ステップレースと言える『第50回弥生賞(GⅡ)』が行われます。

 という訳で、昨日今日と同レース出走馬の追い切りが東西トレセンで行われている訳ですが、本日28日は美浦トレセンで注目馬の1頭、コディーノの追い切りが行われました。


スポンサードリンク

■名伯楽の挑戦がどのような結果を生むか?

コディーノ異例の“静”調整 / サンケイスポーツ

 今回の追い切りに関して、競馬ファンの間では『ちょっと軽すぎるんじゃないの?』と言う声が上がっているようですが、正直私も同じ様な感想を持ちました。

 確かに映像を見ると身体全体を使ってノビノビと走っていますし、一週前及び先週日曜とそれなりに追ってきてはいますが、それでも最終追い切りでこの時計は異例中の異例。

 藤沢和雄調教師といえば、型に嵌らない考え方でそれまでの常識を打ち破り、様々な偉業を成し遂げてきた名伯楽ですが、これはまた大胆な調整でレースに挑んできたな、というのが正直な感想ですかね(苦笑)

 さて、この調整法。果たしてレースでどのような結果をもたらすのでしょうか。映像を見た印象では、若干重めも残っているような気もするんですけどね。

 これだけメンバーも揃ってますし、さすがに世代トップクラスの実力馬・コディーノと言っても、個人的には厳しいのではないかと思いますが・・・。はたしてどのような結果が出るか?注目ですね。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/02/28 22:12 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。