スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武豊が逃げるとやっぱり怖い! クロフネサプライズが圧勝で桜花賞の主役に名乗りを上げる ~第20回チューリップ賞(G3)レース回顧~


20130302_チューリップ賞_クロフネサプライズ
Photo by takashix78

 2日に阪神競馬場で行われた桜花賞トライアル、『第20回 チューリップ賞(GⅢ)』。

 過去に多くの名馬を輩出し、いわば名牝への登竜門と言うべきこのレースを制したのは、武豊騎手騎乗の3番人気クロフネサプライズでした。


スポンサードリンク

■総合力はかなり高いクロフネサプライズ

 パドックで非常にテンションが高かったのが目に付いたクロフネサプライズ。これだけテンションが高いと引っ掛かっちゃうかなと思いましたが、案の定掛かり気味に逃げる形になってしまいましたね。

 たださすがは武豊騎手。若干持ってかれるような感じだったものの、暴走しないようにある程度手綱は絞っていましたが、必要以上に抑えずに馬の気持ちを尊重していました。かなり気分良く走ってしましたし、最後の直線であれだけの脚を使えたのは、あそこで馬と喧嘩せずにリラックスして走れたせいでしょうね。

 しかしクロフネサプライズと言う馬は良い馬ですね。前半スローなペースと先行馬有利な馬場が味方したのは確かですが、前走の阪神JFでは前半半マイル45秒9という厳しい流れを積極的に先行し、直線早目に抜け出して抜け出してクビ差の2着に粘ると言う競馬を見せています。

 要は前傾ラップでも後傾ラップでも安定して力を発揮できる訳で、気分良く先行した時の安定感はこの世代ナンバーワンでしょう。

 しかもチューリップ賞では最後から2ハロン目の区間で、10秒7というかなり速い時計を刻みました。かなりの切れとスピードを秘めているのが証明された訳で、総合力の高さもかなりのモノ。今回の結果を受けて桜花賞でもそれなりの評価がされるでしょうが、スタートを失敗しない限り大崩れはしないと思います。


■本番での好走は成長次第

 ウインプリメーラは先行して2着。馬の出来も安定していましたし、この日の先行馬有利な馬場状態を考えればまあ妥当な結果でしょう。

 ただ直線で勝ち馬に迫るどころか逆に突き放される結果となり、現時点での力の差をまざまざと見せ付けられる結果となりました。現状では本番での好走を期待するには力不足であり、更なる成長が必要となるでしょう。

 ステイゴールド産駒の成長力に期待というところでしょうか。


■桜花賞よりもオークス向きかも

 アユサンも先行して3着。まだまだ仕上がりが甘いかなと思ったのですが、流れも向き桜花賞への優先出走権を獲得することが出来ました。

 個人的に上積みという点では、2着馬よりも3着のアユサンの方が本番で期待出来るかなと思います。ただ軽い走りをする馬で、本質的には東京コース向きのような気がしますので、桜花賞よりもオークスの方が向いているかも知れませんね。


■減り続ける馬体重をどうにかしたい

 1番人気に支持されたレッドオーヴァルは7着。馬体もギリギリでしたし、何よりも展開が向きませんでしたね。道中はやや折り合いを欠いていましたし、4コーナーであれだけ大外を廻されるとキツいです。

 ただそれでも直線は目立つ脚を使っていましたし、着順ほど悲観する内容ではないことは確か。本番ではもっと流れて馬群もバラけるでしょうし、巻き返しは必死だと思います。

 心配なのは減り続ける馬体重でしょうね。この日もマイナス10キロと大きく減らしてしまい、さすがにギリギリに見えましたから。これから暖かくなって体調が良くなれば、馬体重も戻ってくると思いますが・・・こればかりは今後の調整過程を注視したいところです。


■凡走は半分騎手のせい

 2歳女王ローブティサージュは9着。これは秋山騎手の騎乗ミスみたいなものですね(苦笑)決して切れる馬じゃない同馬を、あんな後方まで下げて何をしたかったんでしょうか?

 道中も終始外々を回して特に工夫も見せていませんでしたし、完全に馬の力に寄りかかって競馬していましたね。秋山騎手の悪い面が思いっきり出た競馬だったと思います。

 馬自体はそれなりに出来上がっていましたから、次走以降反動を心配する必要は無いでしょう。本番で内枠を引き、スムーズに競馬の流れに乗れるようならば、一気に巻き返してもおかしくないと思います。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/05 12:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。