スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一時は危篤とも伝えられたレイチェルアレクサンドラ。現在は順調に回復中。


2013_3_12レイチェルアレクサンドラ

 2月12日に第二子を出産後、体調を崩し緊急手術を受けていた2009年のアメリカ年度代表馬レイチェルアレクサンドラ。

 一時は重体とも伝えられ、命の危険もかなり有ったという話でしたが、出産後一ヶ月を経て徐々に回復してきているようで何よりですね。



スポンサードリンク

■母子ともに頑張れ!

Rachel Alexandra Recovering from Surgery / BloodHorse.com

 記事によると、ここまでの治療においてレイチェルアレクサンドラの容態は安定しており、今週に入ってからは益々食欲も増してきており順調とのこと。

 一時は命の危険を指摘された馬とは思えない回復振り。さすが男勝りの活躍を見せた女傑と言うべきでしょうか。まだまだ完治までは長い時間が掛かりそうですが、まずは順調に治療が進んでいる事を喜びたいと思います。

 ちなみに2月12日に出産した父バーナディニの牝馬は、乳母馬が付けられ順調に育っているそうです。生まれてすぐに母親と引き離されるなどこの仔も大変ですが、是非とも母のように苦難に負けぬ、逞しい競走馬へと育って欲しいと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/12 23:18 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。