スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メイケイペガスターが暴走し大敗・・・。敗因はその旺盛な闘争心か?


2013_3_16メイケイペガスター
Photo by  JRA

 本日阪神競馬場で行われた皐月賞トライアル・若葉ステークス(芝2000m)。

 皐月賞への優先出走権2枠を巡り、11頭の3歳馬が出走してきたこのレース。今のところ皐月賞出走が厳しい馬たちによる優先出走権争いに注目が集まったのは当然ですが・・・もう一つ。

 共同通信杯を制し、このレースから藤岡佑介騎手とコンビを組むことになったメイケイペガスターが、果たしてどんなレースを見せるのか?これにも大きな注目が集まりましたね。


スポンサードリンク

■旺盛な闘争心が裏目に

 そのレース振りに大きな注目が集まったメイケイペガスターですが、最初に結果を言ってしまうと掲示板にも載れずに8着と惨敗・・・。戦前から囁かれていた折り合いの不安を、モロに露呈してしまう結果となってしまいました。

 前走の共同通信杯では、好位の3番手から抜け出すという競馬で快勝したメイケイペガスターですが、今回初めて同馬の手綱を取った藤岡佑騎手は、ゲートをソッと出し後方から前に壁を作って折り合おうとする競馬を選択しました。

 この戦法自体は折り合いに不安が有る馬の常套手段であり、その戦法を選んだ藤岡佑騎手の考えも分からないでもないですが、肝心の抑えるという作業自体が全く出来ませんでしたね。

 今までのメイケイペガスターのレース。特に前走の共同通信杯と今回の若葉Sを見て思ったのですが、このメイケイペガスターという馬はペース云々よりも、自分より前の位置に何頭も馬がいるのが嫌いなのではないでしょうか。

 前走でも最初の内は多少行きたがっていたメイケイペガスターでしたが、好位の3番手、逃げ馬のすぐ後ろにポジションを取ると、それである程度満足したのか折り合いが付く様になりました。

 今回も向こう正面半ば辺りで先団に取り付くと、それなりに力んで走ってはいたものの、それ以上前に行こうとはせず藤岡佑騎手でも抑えられるレベルに。

 この一連の挙動からも、是が非でも先頭に立ちたい!という程では無いものの、自分の射程距離内に逃げ馬がいないと満足できない馬なのでは?
 
 実際そういう気性の馬はたまにいます。メイケイペガスターもそういう気性の馬なのでしょう。旺盛な闘争心が裏目に出ているということだと思います。


■NHKマイルC一本に絞るべきでは

 しかしこれで皐月賞は厳しくなりましたね。元々トリッキーな中山コースは同馬に一番向いていないと思ってましたし、本番はペースも緩急が激しい器用さが要求されるものになると想定されます。

 メイケイペガスターのように道中はジッとしていて、勝負どころで一気に爆発させるタイプの馬は、大体皐月賞の流れに対応できず、馬群に沈んでしまうことが多いもの。それにプラスして折り合いの不安が再燃したとなれば、とてもじゃないけど明るい展望は立ちません。

 多くの競馬関係者・ファンに言われていますが、やはり同馬にとって一番合うレースは広い東京コースで行われるNHKマイルCでしょう。マイル戦はレースの性質上、起伏の少ないワンペースの競馬になり易いですからね。

 下手に適性のない皐月賞に挑みダメージを重ねるよりも、NHKマイルC一本に絞って調整した方が上手く行くと思いますが・・・メイケイペガスター陣営がどういった判断を下すのか。注目したいと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/16 20:14 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。