スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セイクリムズンが黒船賞連覇達成! 見事勝利を引き寄せた岩田騎手の一瞬の判断とは!?




 競馬とは長くても3分少々で決着がついてしまうスポーツです。これが短距離戦ともなれば、1分弱の短い時間の中で勝敗が決してしまうことに・・・。それだけに一瞬の判断の違いが勝敗に及ぼす影響は、他のスポーツより段違いに大きい。そう言えるでしょう。

 19日、南国・高知競馬場では交流重賞『第15回黒船賞(Jpn3)』が行われました。JRA勢6頭、地方他地区から4頭、地元高知から3頭のフルゲート12頭で行われたこのレース。

 最後の直線では、セイクリムズンとダイショウジェットによる激しい叩き合いが繰り広げられましたが、ゴール板を通過した時に2頭の明暗を分けたのは、まさに一瞬の判断の違いによるものだったと思います。


スポンサードリンク

■一瞬の判断が勝敗を分ける

 単勝オッズ1.5倍という圧倒的一番人気に支持されたセイクリムズン。前年の覇者という事でコース適性も実証済みですし、前走GⅠフェブラリーSで4着と好走している実力から、ここは能力的にも勝って当然でしたが、今回は岩田騎手が上手く乗った印象が強いですね。

 スタートから飛ばしていったのは武豊騎手騎乗のサマーウインド。ダート界屈指の快速馬で、船橋競馬場1000mを舞台に行われたJBCスプリントで、後続を千切って勝つような馬ですからある意味当然なのですが、それにしても最初の400mを22秒6で通過は速過ぎた(苦笑)

 この流れに人気の一角であるティアップワイルドやラブミーチャンが付いていった訳ですが、いくら不良馬場と言ってもこの流れだと最後は苦しくなりますね。

 それでもティアップワイルドはまだ勝ち馬から0秒4差の3着と踏ん張りましたが、-13キロと大きく馬体を減らしてしまっていたラブミーチャンは踏ん張りきれず6着に敗退。高知に縁がある福永祐一騎手が手綱を取った訳ですが、苦い結果に終わってしまいました。

 この流れの中、自分のペースを守って追走していたのが1番人気のセイクリムズン。そうは言ってもペースが速い為に、3~4コーナーで上がって行くときは多少もたつく場面もありましたが、それでも前半に無理をしなかった為に直線で良い脚を使うことが出来ました。

 あと今回目を引いたのは、直線入り口での岩田騎手の一瞬の判断ですね。基本コーナーでは遠心力が外に働く為に、その力に身を任せて加速するのが通常なのですが、今回直線の入り口で内にいたコスモワッチミーとサマーウインドの間に馬1頭分のスペースが開きました。

 その瞬間に行動を起こしたのが岩田騎手。まさに瞬間的な判断だったと思いますが、すかさず重心を内に傾けセイクリムズンをそのスペースに導きます。またセイクリムズンもその指示に瞬時に従い内へと移動。

 普通コーナーでこんなに小回りが効く馬はそうはいないと思うのですが、そこは積み重ねてきたのキャリアの賜物でしょうか。人馬共に見事な内突きだったと思います。

 最後は追いすがるダイショウジェットをクビ差振り切り、先頭でゴールを駆け抜けたセイクリムズン。あの時内を突かずに外を回していたら・・・間違いなくもっと際どい勝負となったことでしょう。競り負けてしまった可能性も充分有ったと思います。

 そんな際どい勝負をキッチリとモノにする岩田騎手。普段から色々と言われる騎手ではありますが、やはりその天性の騎乗センスは抜群ですね。間違いなく現代の日本競馬を代表する名騎手だと思います。


■個性派が存在してこそ競馬も盛り上がる

 勝ったセイクリムズンはこれで重賞8勝目、黒船賞は前年に引き続き連覇となりました。

 父がエイシンサンディ、母の父がサウスアトランティックという一見して『地方馬?』と言ってしまいそうな馬がJRAに所属し、良血馬を相手に重賞を連覇していくのですから、やはり競馬は面白いですね。

 良血馬が前評判どおりに力を発揮する競馬も悪くないですが、やはりこういった雑草的存在がどこかで下克上を成し遂げるようでないと、その魅力も半減。

 今後もセイクリムズンには末永く頑張って欲しいですし、芝・ダート問わず同馬に続くような個性派の誕生を期待したいところですね。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/20 12:02 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。