スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

超が付く大物か?それとも・・・。 デビュー戦を快勝した良血馬ラストグルーヴの、今後の可能性について考えてみた


2013_3_21ラストグルーヴ

 先週いくつか行われた新馬戦で最もファンの注目を集めていた馬と言えば、父ディープインパクト、母エアグルーヴの超良血馬、ラストグルーヴだったでしょう。

 ファンの大きな関心を集めながら、見事デビュー勝ちを飾って見せたラストグルーヴ。

 果たしてラストグルーヴは、姉のアドマイヤグルーヴや兄ルーラーシップのように、ファンの期待を一身に背負いつつも大レースを勝つような、真の一流馬へと成長することが出来るのでしょうか?


スポンサードリンク

■超が付く良血馬

 ラストグルーヴは父ディープインパクト、母エアグルーヴ、母の父トニービンという血統の3歳牝馬(詳しくはこちら)。

 2011年のセレクトセール1歳市場で、同1歳市場過去最高額となる3億6000万円(税抜き)で取引された同馬。上にアドマイヤグルーヴやルーラーシップなどのGⅠ馬がいる超良血馬で、父がディープインパクトならこの値段も納得といったところでしょうか。

 その後は順調に馴致が進み、一旦は昨年の夏に入厩したこともあったラストグルーヴ。ところが体質的に弱いところが有り、同馬を高く評価する藤原英昭調教師が『まだデビューは早い』と判断し放牧へ。

 その後も入退厩を繰り返しながら辛抱強く鍛え上げられ、ようやくこの日デビューを迎えることが出来ました。


■随所に緩さは感じられたが・・・

 パドックでラストグルーヴを見た印象ですが、馬の形そのものは素質を感じさせるものだったものの、さすがにようやくデビューにこぎ着けたと言う感じで、新馬らしい随所に甘さを残した仕上がりでしたね。

 ただこのレースは芝で行われる最後の新馬戦だったと言うこともあり、他の馬たちも結構仕上がりの甘い馬たちばかり。その点において、仕上がりの甘さは余りマイナス材料にならなかったかも知れません。

 スタートはポンと出たラストグルーヴ。『腰が甘いかなぁ~』と感じていただけに、この好スタートはちょっと意外でした。

 道中は中団の前辺りを追走。折り合いに関しては全く不安を見せなかった印象で、さすが藤原英厩舎所属の良血馬と言うべき、競馬センスの高さだったと思います。

 『あれあれ?』と思ったのは最終コーナー。それまでは良い感じで追走していたラストグルーヴですが、勝負どころを迎えて各馬のペースが上がると、置いて行かれる感じになってしまいました。

 先ほど腰が甘い感じがあると書きましたが、もしかしたらコーナーで身体が外に振られ気味になり、腰の踏ん張りが思うように利かなかったのかもしれません。それで最終コーナーでは少し遅れてしまったのではないかと。

 そして直線に向き、体勢を立て直すと再度伸びてきたラストグルーヴ。この辺の伸びは流石の素質馬といった感じで、素直に『強ぇー!』と声を上げてしまいましたね(笑)

 最後は一緒に伸びてきた2着スリーベラミを突き放す感じで、1馬身1/4差を付けてゴール板を駆け抜けたラストグルーヴ。その良血に違わぬパフォーマンスを見せてくれたと言って良いかと思います。


■大舞台での活躍を期待するのは早過ぎる

 この見事な勝利を受けて、各スポーツ紙や競馬専門誌では『遅れてきた大物』といった感じの扱いを見せていますが、個人的には『さすがにまだ気が早すぎかな?』と思っています。

 先ほども書いたように、最後の新馬戦と言うことでメンバーレベルも仕上がりも、それ程高くは有りませんでしたからね。ラストグルーヴの素質の高さ自体は疑い様の無いものの、今回見せたパフォーマンスをそのまま額面どおりに受け取るのは、ちょっと危険かなと。

 個人的にはアドマイヤグルーヴやルーラーシップのような大物感にはやや欠ける気がしますし・・・。馬もまだ若いので、軌道に乗ってくるのは早くても今年の秋以降ではないでしょうか。ここで無理に春のクラシックを狙うと、まず間違いなく潰れてしまう気がしますね。

 恐らくそのことは管理する藤原英昭師も重々承知でしょう。レース後も見せたパフォーマンス自体には興奮していましたが、今後のことについては慎重に言葉を選んでいた感じですし。

 いずれにしてもその血統とポテンシャルの高さから、今後が楽しみなのは間違いないラストグルーヴ。母のエアグルーヴが17歳の時に生まれた子供でも有りますし、今後も大事に大事に、素質がちゃんと開花するように使って行ってほしいと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/21 14:02 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。