【動画有】ブラックキャビアが調教のような走りで大楽勝!連勝記録を24へと伸ばす




 いやぁ~・・・。分かっちゃいましたけど、やっぱり強いですねブラックキャビア。

 まさに調教の様とはこのことを言うんでしょう。れっきとしたGⅠレースでこのパフォーマンスを見せられたら、もう脱帽するしかありませんわ(苦笑)

 つい先ほど、オーストラリアのムーニーヴァレー競馬場で行われたGⅠウィリアムレイドS(芝1200m)。このレースで圧倒的1番人気に支持されたのが、現地のみならず世界中で圧倒的な人気を誇るスーパースター(ヒロイン?)ブラックキャビア。

 このレースでも最終コーナーで楽々と先頭に立つと、直線では肩鞭を少し使っただけで後続を引き離す圧巻のパフォーマンスを披露。競馬場に詰め掛けた大勢のファンも大満足の走りで、自身の持つ連勝記録を24へと伸ばしました。


スポンサードリンク

■オーストラリアの国民的ヒロイン

 ブラックキャビアは父ベルエスプリット、母ヘルシング、母の父デザートサンという血統(詳しくはこちら)のオーストラリア産の6歳(国際年齢では7歳)牝馬。

 2009年4月にフレミントン競馬場の芝1000m戦でデビュー。このレースを5馬身差で圧勝すると、そこから一度も敗北を喫すること無く、連勝街道をひた走ります。

 本日出走したウィリアムレイドSまで丸4年のキャリアの中で、積み重ねた戦績は23戦23勝。GⅠタイトルの数は13。

 既にオーストラリア競馬史上最強馬としての呼び声も高く、先頃にはまだ現役競走馬にも関わらず、オーストラリアの競馬殿堂入りを果たすという快挙を成し遂げたブラックキャビア。

 オーストラリア競馬において伝説的名馬と言えばファーラップですが、ブラックキャビアはこの偉大な先輩に比肩するか、超えるような人気を現地で誇っており、オーストラリアの人々にとってはまさにサラブレッドの枠を超えた国民的ヒロインと言うべき存在と言えるでしょう。


■彼女の走りを見ることが出来るのもあと僅か

 今回ウィリアムレイドSを圧勝したことにより戦績を24戦24勝、うちGⅠ・14勝としたブラックキャビア。まさに向かうところ敵無しといった様相で、ライバル不在の今後は自分との戦いがメインになることでしょうね。

 今後のブラックキャビアの動向についてですが、同馬を管理するピーター・ムーディー調教師の口からはまだハッキリとしたことは語られていません。しかし恐らくあと数戦したのち、現役を引退し繁殖入りすることになるはず。

 あの破壊的とも言える圧倒的なパフォーマンスも、あと僅かしか見れないと思うと非常に寂しいですね。彼女の伝説も、終焉の時がすぐそこまで近づいているのだと実感します。

 ブラックキャビアの引退レースは、果たしてどのレースになるのでしょうか?当初はオーストラリア国内でラストランを飾る可能性が高かったのですが、ここに来て再度イギリス・ロイヤルアスコット開催に遠征する可能性も浮上してきています。

 どちらに向かうにしても、ここまで無敗で来たのなら最後まで負けを知らずにターフを去って欲しいというのが、多くの競馬ファンの望みでしょう。私もそうです。

 オーストラリアが誇る偉大なる競走馬ブラックキャビア。彼女が生ける伝説として、最後まで眩い光を放ったままターフを去る事を心から願いたいと思います。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/22 21:25 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL