スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キズナの出来に不安アリ。毎日杯はあの伏兵馬が大波乱を巻き起こす!


2013_3_23毎日杯ヒストリカル
Photo by JRA

 本日の阪神メインレースは、クラシックへの東上最終便『第60回毎日杯(GⅢ)』。

 トライアルレースなどで権利を獲れなかった馬が、皐月賞出走への最後の望みを賭けて出走することが多いこのレース。近年はこのレースをステップに大レースを制する馬もチラホラ出てきていますが、果たして今年はどのような結果に終わるのでしょうか。


スポンサードリンク

■良馬場だが多少力の要る馬場になりそう

 昨夜の関西地方は少し雨が降りました。阪神競馬場にも降雨が有ったようで、良馬場とはいえ多少水分を含んだ状態となっているでしょう。

 今開催の阪神競馬の芝のレースは、例年に比べてやや時計の掛かっている状態。今日も最高気温が14度と低めの予想なので、そこまで一気に水分が飛ぶことはない筈。その為先週と同じくらいか、それよりもちょっと重いぐらいの馬場が想定されます。

 ここは血統的にややパワーやスタミナよりの種牡馬(ステイゴールドやダイワメジャー、キングカメハメハなど)の産駒をチョイスしたいところですね。


■人気馬2頭が飛んでもおかしくない

 そういう観点と、追い切りでの動きを考慮してここで指名したい馬ですが、私はサトノキングリーの激走に期待したいと思います。

 新馬戦であのリヤンドファミユを破っているサトノキングリー。その後の2戦は敗れていますが、福寿草特別はグリーンベルトを通った馬以外は用無しの競馬でしたし、アルメリア賞はスタートからずっと折り合いを欠いた上に早仕掛けという、かなり酷い競馬でした。

 そんな競馬でも評判馬リグヴェーダに0秒1差なんですから、逆に同馬の能力の高さが推し量れる結果に。

 追い切りでも今回の出走馬で1番と言える素晴らしい動きを見せているサトノキングリー。腕利きの助手が揃い修正力には定評のある藤原英昭厩舎所属なので、折り合いの不安も対策が施されていることでしょう。

 今回はキズナとコメットシーカーというディープ産駒2頭が人気を集めていますが、2頭とも少々追い切りの動きに不安を感じます。特にキズナは身のこなしがエライ硬く、とても状態が上向いているとは思えない感じ。

 最終的にはパドックでの状態を見た上で判断しますが、人気馬2頭がコケる可能性も充分考慮した上で予想を組み立てた方が良いと思いますよ。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/23 09:31 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。