スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フェノーメノは強敵だが・・・。日経賞は意外と人気していない『あの馬』で勝負!


2013_3_23日経賞ネコパンチ
Photo by JRA

 本日の中山メインレースは、古馬中長距離路線の重要ステップレース『第61回日経賞(GⅡ)』。

 例年、数多くのGⅠ級の馬がここをシーズン初戦に選び大レースへと挑んでいく訳ですが、今年もフェノーメノとオーシャンブルーといったGⅠで好走していた馬たちが、ここを今季初戦に選び出走して来ました。

 人気の中心もこれら2頭といった感じですが・・・。この日経賞、私はあの馬に一角崩しの期待を託したいと思っています。


スポンサードリンク

■展開に応じて狙い馬を変えたい

 中山の芝コースは今週までAコースを使用。相変わらず内側の馬場の荒れが目立ち、ここを通る馬はそれなりにパワーが無いと脚を使わされてしまう印象です。

 ただ完全に外差し馬場かと言うとそうでもなく、少なくとも平均からスローな流れになると、内を通った馬も結構踏ん張っている様子。

 ペースを読んだ上で、平均ペース以下なら内枠の馬。ハイペース濃厚なら外差しの馬と言う感じで、臨機応変に対応したいところですね。

 あと逃げ馬に関してはほぼ全滅なので、余程展開に恵まれない限りは無視しても良いかもしれません。


■生涯最高の出来に仕上がったトランスワープ

 ここはフェノーメノやオーシャンブルーといったGⅠ好走馬が出走してきており、メンバーが揃っている印象を強く受けますが、私があえてここで指名したい馬はトランスワープです。

 1月のAJCCで大きな不利を受け、2着と敗れてしまったトランスワープ。あの不利がなければ勝ちも充分ありえたと思うだけに、あれは相当痛い敗戦でした。

 その後状態はどうなのかな?不利を受けて影響はなかったのかなと心配していたのですが、今回最終追い切りでトランスワープが見せた動きは、そんな不安を吹っ飛ばす素晴らしいものでした。

 AJCCの時も素晴らしい動きを見せていたトランスワープですが、今回はその時以上に抜群の動きを披露。身のこなしが非常にしなやかですし、スピード感・身体の使い方共に文句のつけ様が無い完璧なものでした。

 こんな素晴らしい動きを見せた同馬は記憶になく、間違いなく生涯最高の出来に仕上がっていると言えるでしょう。これならばGⅠで好走している馬たちが相手でも充分勝ち負けになる!そう確信しました。

 今回1番人気が濃厚のフェノーメノも、休み明けとは思えない動きで非常に良い出来に仕上がっていると思います。残念ながら大外枠を引いてしまいましたが、あの出来なら大崩れすることはない筈。

 トランスワープとフェノーメノ。この2頭を馬券の中心に据えて大勝を狙いたいところですね。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/23 10:23 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。