スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福山競馬が廃止・・・。地方競馬は、そして日本競馬はこれからどこへと向かって行くのだろうか・・・


20130223 福山競馬場 / Fukuyama R.C.
Photo by daba_jp

 2013年3月24日。中国地方に唯一つ残っていた地方競馬場である福山競馬が、最期の時を迎えました。

 園田競馬に並ぶアラブのメッカとして、63年もの長きに渡り日本競馬に貢献し続けてきた福山競馬。これだけ日本競馬と福山市に対し貢献し続けた競馬場が、こうもあっけなく廃止されてしまうということに関しては正直怒りを覚えないでもありませんが、まずは今日まで福山競馬の為に尽力されてきた方々に、心から『お疲れ様でした』と声を掛けてあげたいですね。


スポンサードリンク

■多くの人馬が新天地を得る事を願う

福山競馬が63年の歴史にピリオド、1万人のファンが詰めかける / 競馬ラボ

 今回の福山競馬廃止に関する私の考えは、以前『福山競馬廃止について・・・』という記事の中で述べましたので、改めてここでもう一度言うことはありません。
 
 いま私が心配しているのは、福山競馬に携わってきた競馬関係者と馬たちの今後についてです。

 何人かの騎手と調教師、そして著名な馬に関しては移籍の話が決定しつつあるようですが、まだまだ多くの関係者と馬の行く先が決定していません。

 特に厩務員や下級条件の馬たちは、移籍先などを探すのも大変な筈。各地の地方競馬もこのご時世、余力がないのは充分分かっているのですが、何とか工夫し1人でも多く、そして1頭でも多く新天地へと旅立つことが出来る様、関係者一同知恵を出しあって頑張って欲しいと思います。


■日本競馬はどこに向かっているのか

 若き日の私が無謀にも高校を中退し、競馬の世界に飛び込んだのが1995年でした。それから18年・・・。当時は日本全国に多く存在した地方競馬場も、現在残っているのは15あまり・・・。(ばんえい含む)

 私がホッカイドウ競馬で厩務員を始めた時は、日本全国で25の地方競馬場が存在していたんですけどね・・・。あっという間にここまで減ってしまいました。

 今後地方競馬は、そして日本競馬はどこに向かっていくのでしょうか?日本の競馬が一番華やかだった時代を肌で知っているだけに、余計に今後のことが心配になります。

 明らかに時代の変革期に突入している日本競馬。その行き先が少しでも明るい未来である様、私自身も何かしらの努力は続けて行きたいと思います。

【関連記事】
福山競馬廃止について・・・
福山競馬のトップジョッキー3名が南関東に移籍へ


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/25 22:00 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。