スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こりゃ~強い!! ジェネラルグラントが次元の違う強さで京浜盃を圧勝し、クラシック制覇に王手!




 いよいよ今週からトゥインクル(ナイター)開催が始まった大井競馬。

 ナイター競馬が始まると、私なんかは『いよいよ本格的な競馬シーン到来だな』という印象を強く持ってしまいますが、27日にはそのトゥインクル開催最初の重賞、『第36回京浜盃(SⅡ)』が行われました。

 この京浜盃は南関東牡馬3冠路線における、一番重要な前哨戦と言えるレース。今年も羽田盃を目指す有力馬16頭が出走して来ましたが、終わってみれば勝ったジェネラルグラントの強さばかりが光るレースだったと思います。


スポンサードリンク

■この勝利で牡馬三冠の大本命に

 ジェネラルグラントは父ロージズインメイ、母グリントウィーク、母の父スペシャルウィークという血統(詳しくはこちら)の3歳牡馬。

 叔父に札幌2歳Sや共同通信杯を制し、GⅠ朝日杯FSではマイネルレコルトの2着だったストーミーカフェがいるという血統馬で、サンデーレーシング地方所属馬として昨年ホッカイドウ競馬でデビュー。

 デビューから2連勝を飾ると、続く3戦目でJRA札幌開催で行われたクローバー賞に挑戦。初芝をこなしアットウィルの2着に健闘する等、デビュー当初から高い資質を示していました。

 その後はホッカイドウ競馬で重賞サンライズCを制し、交流GⅢの北海道2歳優駿では5着。シーズンオフと同時に南関東へと移籍し臨んだ全日本2歳優駿では、サマリーズの2着と健闘する等、地方トップクラスの実力を示していたジェネラルグランド。

 今回南関東三冠前哨戦となる京浜盃を完勝したことにより、押しも押されぬ大本命馬として羽田盃に臨むことになりそうですね。

 実際パドックでも、最大のライバルと目されたアウトジェネラルがイマイチな仕上がりの中、ジェネラルグラントの充実ぶりが非常に目を引きましたし、レース振りも好位3番手から直線抜け出すという力強いものでした。

 雄大な馬体からもますます強くなりそうな予感を受けましたし、間違いなく次代の南関東を背負っていく逸材でしょう。レース後、管理する出川調教師からは芝挑戦の可能性も語られたそうですが、常識的に考えれば春は3冠に専念する筈。

 今年はJRA3歳勢もダートレベルが高く、それらの馬と激突することになるジャパンダートダービーでは厳しい戦いが待っていそうですが、羽田盃・東京ダービーと連戦することで力をつけ、見事に迎え撃って欲しいところ。

 今後も厳しいレースが続きますが、ジェネラルグラントには今回の勝ちっぷりに相応しい将来が待ち受けている事を期待したいと思います。


■本番での巻き返しに期待

 同じくホッカイドウ競馬から移籍してきたアウトジェネラルが2着。

 先ほどもジェネラルグラントのところで書きましたが、正直仕上がりがイマイチでしたね。特に気になったのが後肢の脚の運び方。

 なんかグニャグニャした感じの脚の運び方をしており、一目見て『トモ(後肢)がパンとしていないんだな』と思いました。さすがに北海道時代はあそこまで緩くはなかったと思うのですが・・・どうしちゃったのかな?

 実際レースに行っても、向こう正面で騎乗した佐藤裕太騎手の手が何度も動いていましたし、コーナーでは後肢の踏ん張りが利かないのか、思うように追い上げることが出来なかったアウトジェネラル。

 直線に向くとちゃんと腰がハマったのか、半ばから最後の方に掛けて末脚を伸ばしてきましたが、その時点でジェネラルグラントは抜け出しており万事休す・・・。

 別に大井だけには限りませんが、コーナーである程度追い上げる脚がないとタイトな地方では苦しいですね。特に門別と比べると大井はコーナーキツイですから。

 さすがにちょっと甘い仕上げだったので、さすがに本番ではキッチリと仕上げてくると思いますが・・・。ここは名伯楽である川島正行師の腕の見せ所でしょうね。本番での巻き返しを期待したいと思います。


■ツボに嵌れば怖い

 その他の馬で本番へ向けて気になった馬を1頭上げるとすると、やはり3着に入ったインサイドザパークでしょうか。

 今回もスタートで出遅れていたように、どうしてもゲートに難がある同馬。それだけにいつも後方からの競馬になってしまうんですけど、溜めれば直線で必ず良い脚を使いますからね。あの末脚は本当に魅力的です。

 今回の馬体重が448キロだったように、牡馬にしては小柄な同馬。その馬がタフな地方の馬場で素晴らしい追い込みを見せるんですから大したもの。

 ここまで鎌倉記念、平和賞と重賞を2勝していますし、Jpn1の全日本2歳優駿でも南関東生え抜きとしては最先着となる5着と健闘。そして今回3着ですから、間違いなく南関東トップクラスの3歳馬と言って良いのでは。

 脚質的にもどうしても他力本願的なトコは有りますが、ツボに嵌った時の破壊力は相当なものだけに、羽田盃や東京ダービーでも期待したいところですね。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/28 14:38 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。