戦えない者はターフから去れ!! ~JRA生え抜き騎手は何故結果が出ず、乗り代わられるのか?~


 Mデムーロ岩田康誠
◆昨今、外国人騎手や地方競馬出身騎手の活躍が目立つ・・・◆

日本人騎手の不甲斐無さが言われだして久しい。

大レースを勝つのは、軒並み外国人騎手か地方競馬出身の騎手ばかり。
JRA生え抜きの騎手の活躍が少ないことが、昨今の競馬人気の冷え込みの一因にもなっていよう。

『結果を残していても、本番では乗り代わられるのだから、たまらない・・・』
このような声が、時折騎手の間から上がっているという。

確かに社台グループなどは、自らが身元引受人になった外国人騎手を、たとえ日本で結果が出ていなくても躊躇なく乗せてくる。
その偏向振りは、いささか節操無く映るのは確か。日本人騎手から不満が出るのも、まあ分からないでもない。

しかしである。
このような状態を招いた原因が、本当に騎手たちには無いのだろうか?
スポンサードリンク




桜花賞DAYの阪神7R。
目を疑うような、しかし見慣れた光景が目に飛び込んできた。

最後の直線。サクラアルディードが抜け出し、勝利をほぼ手中に収める。
焦点は2着争い。ウインルキアが必死に粘りこみを計るところを、外からヒットメーカーが良い勢いで伸びてくる。

『これは差し切れるか!?』
そう思った・・・その時、まだゴールまで距離が有るのに、手綱を緩めてしまうヒットメーカーの鞍上、四位洋文・・・。
まさに目を疑うような、しかしながら見慣れた光景だった。

2着ウインルキアと、3着ヒットメーカーの着差はハナ差。
普通の競馬ファンであれば、『あれは差し切れた筈』と考えるのが当然。
人によっては『八百長だ!』と叫ぶであろう。

勿論、騎手側にも言い分は有る。
『ゴール少し前で追うのを止めたからと言っても、スピードは急に落ちず着順など変わらない。』
確かにそうかも知れない。筆者は関係者だったので、彼らの言い分にも一理有ることは分かっている。

・・・しかしだ。
正直、それは問題ではないのだ。

彼らJRA生え抜き騎手には、何より『勝ちたい!』という気持ちが足りない。
騎手を輩出するJRA競馬学校では、とにかくキレイに、フェアに乗ることを叩き込むという。

なるほど。
日本の競馬がフェアでキレイなことは、世界中でも有名だ。
日本人騎手の技量そのものは、世界でも高く評価されているという。

では何故、日本人騎手は海外で成功できないのであろうか?
それどころか日本の地で、何故これ程までに外国人騎手の後塵を拝するのだろうか。

答えは簡単である。
勝つことに対する執念、執着心。これが決定的に足りないのだ。

競馬は生き物で有る。
また競走馬も生き物である。
どんなスポーツでもそう。勝利への執念が無い者は、どんなに優れた技量を持とうとも、流れを掴むことが出来ず最後には敗れ去る。ましてや騎手たちのパートナーたる競走馬は、感情を持った生き物だ。クルマのような無機物ではない。

彼ら競走馬は感情を有する。
たとえ苦しいレースに精神的に負けそうになっても、そこに鞍上の気持ちが篭もった叱咤激励があれば、彼らは再び力を振り絞り走り出す。

科学的ではない、という声もあろう。
しかしこの世は、全てが科学で測れる訳ではない。
今までも鞍上の気持ちが馬に乗り移り、素晴らしいパフォーマンスを発揮したと思えるレースは、実に数多く存在する。

先週の大阪杯もそうだ。
久しぶりにショウナンマイティに跨ることになった浜中俊の、『絶対に勝つ!』という強い気持ちがあったからこそ、同馬は素晴らしいパフォーマンスを発揮し、見事タイトルを掴み取ることが出来た。

そもそも『人馬一体』とは、こういう事を言うのではないだろうか?

JRA生え抜き騎手の騎乗振りには、時たま『無気力騎乗!』と言いたくなる場面が目に付く。
勝利への執念が足りないから、馬にも気持ちが伝わらなく、そして早々に勝負を諦めてしまう。

競馬ファンは、そして馬主は正直である。
一部の盲目的なファンを除き、誰もそのような騎手を応援しようとは思わなくなるだろう。
そして馬主は、勝ちに拘らない騎手を大事な所有馬に乗せようとは思わないだろう。

結果として勝ちに拘る外国人騎手や、地方出身騎手に有力馬が廻る。
ファンからは、日に日に生え抜き騎手たちを擁護する声が少なくなっていく。
至極当然なことだ。今の事態を招いたのは、他ならぬ彼ら騎手たち自身なのだから・・・。

本日行われた桜花賞。
上位3頭の鞍上は、全て地方出身騎手と外国人騎手であった。
彼らは勝つことの大事さ、負けることの惨めさを、自身の経験からよく知っている。

この結果に、JRA生え抜きの騎手たちはどう思っているのだろうか。
『悔しい!』と思っているならば、その騎手はこれから伸びるであろう。
『仕方が無い』と思っているならば、その騎手には先が無い。今すぐ机に鞭を置いた方が良い。

我々競馬ファンは、競馬に戦いと夢を観ている。
勝利への意欲の無い者、戦えない者に用は無いのだ!!


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/04/08 19:36 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(2)
今年も終わる頃に…
やらかしましたね…四位騎手。

30日騎乗停止。

これが一石を投じる事になりますかね?
[ 2012/12/23 09:06 ] [ 編集 ]
馬事さん
楽しみにしていますので、更新よろしくお願いしますm(__)m
[ 2013/01/15 09:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL