スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明らかに動きが良くなったオルフェーヴル・・・他、第57回大阪杯(GⅡ)出走馬の追い切り診断


オルフェーヴル
Photo by tsymura

 31日の阪神競馬場では、古馬路線の重要な前哨戦『第57回大阪杯(GⅡ)』が行われます。

 このレース最大の注目は、3冠馬オルフェーヴルが休み明け初戦でどのようなレースをするのかということ。昨年1年間は彼にすると不本意と言っていい1年だっただけに、余計にその状態が気になりますね。

 オルフェーヴルが現在どのような状態なのか?巻き返しを期待できる出来なのか?追い切りを見て現在のオルフェーヴルの状態を探って見たいと思います。


スポンサードリンク

■休み明けとしては申し分のない出来

 パートナーを従えて坂路に登場したオルフェーブル。序盤はパートナーの後ろに控えて折り合いを確かめ、残り300m辺りでパートナーの内へ。

 そこから馬なりのまま抜群の手応えでパートナーに並びかけると、残り200mから満を持して追い出されあっという間にパートナーを突き放す。

 最後はパートナーに2馬身半ほどの差を付けフィニッシュ。併せた相手が格下という事を差し引いても良い動きで、最後の1ハロンを12秒3でまとめたのも好感が持てますね。

 懸念された刺さり癖もこの追い切りでは見せていませんでしたし、走っている時の弾むような感覚も戻ってきたオルフェーヴル。

 動きを見る限りでは、明らかに昨年の初戦だった阪神大賞典の時よりも良い状態でしょう。それどころかジャパンカップと同じか、それ以上の状態では?池江師もコメントしていましたが、早めに休ませてリフレッシュした効果が現れていますね。

 昨年はフランス遠征時を除けばあまり良い状態じゃないことが殆どだったのですが、今年は初戦から良い状態で出走できそうで何よりだと思います。


■出走馬中1番の動き

 大阪杯出走馬で一番追い切りの動きが良く見えたのは、堀厩舎のダークシャドウですかね。ダービー卿CTに出走するリアルインパクトと併せたのですが、GⅠ馬を千切り捨てる良い動きを見せました。

 時計も終い1ハロンが12秒6と申し分のないものでしたし、何より良かったのが全身を大きく使ったフットワーク。一追いごとに伸びるといった感じで、戸崎騎手も跨っていて気持ち良かったのでは?

 いまだGⅠタイトルこそ無いものの、実力がGⅠ級であることは今までの戦績が示すとおり。状態も良さそうですし、新たにコンビを組む戸崎騎手も絶好調ですから、オルフェーヴル相手とはいえ充分勝負になりそうな気がしますよ。


■昨年に続く連覇も
 
 ショウナンマイティも坂路で良い動きを見せていましたね。

 前半ゆっくりと入っていって最後の方だけ追うという追い切り内容だったので、最後の1ハロンで11秒7を計時したといっても額面通り評価する訳には行かないのですが、それでも脚は振れていましたし明らかに前走より良い状態に見えました。

 気になるのは追い出されてから若干外にモタれ気味になったところですかね。前走の京都記念でも口の硬さを見せていただけに、ここは少々気になるところ。

 ただ動き自体は確実に良くなっていますし、大阪杯は昨年同馬が快勝した相性の良い舞台だけに、嵌れば良い結果がついてきそうな予感も。

 多分に他力本願的なところがある馬ですが、調子も良く実力も確かなだけに今回も切るのは無謀だと思います。


■3着ぐらいならないかな?

 あと穴っぽいところで動きの良かった馬を上げると、昨年の6月以来の競馬となるスマートギアでしょうか。

 さすがに久々なので当日の馬体重や気配には注意したいのですが、追い切りの動きそのものは全身を大きく使い元気そのもの。明けて8歳になりましたけど、年齢を重ねたとは思えないキビキビとした動きを見せていました。

 昨年の中日新聞杯を制しているように、若干時計の掛かるタフな馬場が得意な同馬。それだけに今の阪神の馬場は向いているでしょう。

 さすがにここは相手が揃っているので勝ち負けになるとは言えませんが、展開次第では3着ぐらいならあるのでは?当日の気配が良かったら、押えに買ってみたい1頭ですね。


■実力・状態両方が揃ってないと厳しい戦いに

 あと及第点の動きを見せていた馬を上げると、ヴィルシーナ・エイシンフラッシュ・マッハヴェロシティといったところですね。それ以外の馬たちは追い切りだけで判断すると、ちょっと厳しいかな?

 どちらにしても今回の大阪杯はかなりのメンバーが揃いました。間違いなく今年最もメンバーが揃った重賞ですね。正直GⅠといっても不思議に思わないほど(笑)

 それだけに実力だけではなく、それなりの状態にないと好走するのは難しそうな今回の大阪杯。果たしてどの馬で勝負するのか?当日のパドックも含めて慎重に判断したいと思います。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/03/29 09:00 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。