スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベールドインパクトが引退 右前脚の屈腱炎、重度と判明・・・他、競馬ニュースまとめ(2013/4/4)


ベールドインパクト 返し馬
Photo by arima0208

ベールドインパクトが引退 右前脚の屈腱炎、重度と判明 / スポニチ

 マジですか・・・非常に残念と言うしかありませんね。

 競走馬にとって不治に病と言われる屈腱炎。過去には幾多の名馬がこの病を患い、引退へと追い込まれてきましたが、近年はカネヒキリに代表されるように治療法もだいぶ整備され、復活する馬も出てきていました。

 それだけにベールドインパクトも時間は掛かっても復活してくれるものと思っていたのですが・・・復帰が難しいほどの重傷だったんですね。なんとも言葉が無いです。

 今後は乗馬として第二の馬生を歩む予定とのこと、良い人々に恵まれ、幸せな余生が送れるよう願っています。

【関連記事】
●ベールドインパクトが屈腱炎を発症し戦線離脱。ディープインパクト産駒はなぜ屈腱炎を発症する馬が目立つのだろうか?


スポンサードリンク

10年京都ジャンプS制覇 ランヘランバが登録抹消、乗馬に / スポニチ

 もう1頭引退のニュース。障害レースで活躍し、重賞を2勝したランヘランバの引退も決まりました。

 この馬、一時期やたらと強かったんですよね。2010年の夏から年の瀬にかけて障害レースで4連勝を記録したのですが、そのどのレースも楽勝だったのを憶えています。

 確か京都ジャンプステークスは現地で見てたんですけど、テイエムハリアーを軽くひねってましたもんね。順調だったら大きなタイトルも取れたかもしれないだけに、故障してしまったのが勿体なかったです。

 今後は東京農業大学で乗馬になる予定とか。おそらく競技馬になるんでしょうけど、良い余生を送ってくれればと思います。


カオスモス骨膜炎のためNZT見送り放牧 / 日刊スポーツ

 うーん・・・これは残念。

 3歳マイル路線の主役の1頭で、ここは条件も合うだけに馬券を買おうと思っていたのですが・・・ここまで順調に使ってきただけに、疲れが出てしまいましたかね。

 幸いなのは骨膜炎ということなので、休ませれば問題ないということでしょうか。まだまだこれからの活躍を見込める馬だけに、元気な姿でターフに戻ってきて欲しいところです。


ハナズG1目標も勝ちに行く / 日刊スポーツ

 今週は桜花賞の話題で持ちきりですが、土曜日の阪神牝馬Sも楽しみなんですよね。

 そしてその中でも注目しているのが、前走京都牝馬Sを圧勝したハナズゴール。常々その実力はGⅠ級だと思って追っ掛けてきただけに、ここでもどうしても注目してしまいます。

 問題は阪神芝1400mという舞台でしょうか。この距離は道中息が入り辛い流れになりやすく、切れが身上の同馬にとっては不向きな展開になる可能性も。

 それだけに今後に向けてここが最大の鬼門になるかな?と思っているのですが・・・。もしここを無事に突破したら、間違いなくヴィクトリアマイルの主役でしょうね。

 こういった地味な血統の馬が活躍するのも競馬の醍醐味。ここは馬券度外視で応援したいと思ってます。


ロゼの父は種付け「0」崖っぷち種牡馬 / サンスポ

 桜花賞に出走するクラウンロゼの父ロサードですが、2010年から去年まで種付け頭数0だったんですね。これで良く廃用にならなかったものだなと、逆に感心してしまいました。

 薔薇一族の出ということで血統はしっかりしていますし、条件さえ合えばそれなりに活躍すると思うんですけどね。実際クラウンロゼと言う素晴らしい子供を輩出しましたし。

 そのクラウンロゼの活躍で今年は既に3頭への種付けを行ったというロサード。今週の結果次第では更に種付け頭数が増える可能性もあるだけに、クラウンロゼには父の為にも頑張って欲しいですね。


武豊クラシック20勝目を「何とかモノにしたい」 / 東スポweb

 久々にこの人が主役のクラシックとなりましたね。日本競馬界の第一人者である武豊騎手。

 私が競馬を始めて暫らくはこういう風景が当たり前のもので、『また武豊かよぉ~』と悪態もついていたものですが、いざ現在の状況になると逆に応援してしまうのだから人間とは勝手なもの(苦笑)

 ただつくづく思うのは、やっぱりこの人にはスポットライトが似合うんですよね。やっぱり他の騎手とは違う『華』があります。この人が活躍しないと、やはり日本競馬も盛り上がりません。

 今回は久々のクラシック制覇のチャンスでしょう。前走の強さをみても分かるように、クロフネサプライズは桜花賞馬に相応しい力量の持ち主ですから。

 個人的には今回はレッドオーヴァルを一番に応援しているんですけど、もし負けるのならクロフネサプライズが良いなと思っています。


川崎競馬スタンド跡に商業施設 東急不動産、15年夏開業へ / 産経新聞

 川崎競馬場の3号スタンド跡地に商業施設が入ることになったそうで。といっても余り川崎競馬場には詳しくないので、イメージが少々沸かないんですけどね(苦笑)

 現在は地方競馬全体で売上げが苦戦しており、それは首都圏競馬である南関東でも例外では無いんですけど、今後はこういった商業施設とのコラボレーションという付加価値が無いと、中々お客さんを呼べない時代が来るのかも。

 ただ馬券を買うだけだったら、今はネット環境が充実していますからね。競馬そのものの向き合い方は人それぞれなので、『競馬はライブが絶対!』とは言えませんし。

 商業施設とのコラボと言えばばんえい競馬が既に手がけていますが、それなりに効果が有ったという話を聞いています。

 はたして今回の話がどのような結果をもたらすのか?今後の地方競馬の一つのモデルケースになる可能性もあるだけに、今後に注目したいところですね。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/04/04 09:00 ] 小ネタ集 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。