スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前走圧勝で一皮向けたか!? ズバ抜けて良い動きを披露したレッドアリオン ~第31回ニュージーランドT(GⅡ)調教診断~


IMGP9579
Photo by Triumph4A

 明日の中山メインレースは、NHKマイルカップの前哨戦『第31回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)』です。

 NHKマイルカップの重要な前哨戦であるこのレース。人気は重賞で実績を残してきたゴットフリート、レッドアリオン、エーシントップと言ったところですが、それ以外の馬たちもそれ程差はなく、虎視眈々とタイトルを狙っています。

 果たして人気馬たちが、その人気を裏切らない走りを見せてくれるのか。それとも人気薄の馬たちが、その定評かを覆す走りを見せてくれるのか。

 追い切りを見た上で、各出走馬の現在の状況と今後の可能性を見極めたいところですね。


スポンサードリンク

■ニュージーランドトロフィー出走馬の評価

ゴットフリート
 美浦南Wで2頭併せの内。仕掛けると内からグイッと伸びる。前走時より追ってからの反応が良くなっている感じ。身体も使えているし脚もそれなりに振れている。順調といったところ。
評価★★★

ラヴネヴァーダイズ
 美浦南Wで2頭併せの内。パートナーに並びかける時の脚は中々速かった。まだ走り方が幼くフォームが荒い。首も上手に使えているとは言えないが、動きはキビキビしており体調は良さそう。
評価★★★

ストーミングスター
 美浦坂路で2頭併せの内。追われてからもフォームが崩れることがなく、最後までしっかりした脚取りで完成度の高さを感じさせたが、追われてからグッと来るところがなかった。走りに伸びがない気もするし、調子は良いがやはりダート馬かもしれない。
評価★★★

レッドアリオン
 栗東坂路で2頭併せの外。アーリントンCの時とは雲泥の動き。身体を大きく使えており、脚取りも力強い。更に状態が良くなっているのでは。コレだったらここも有力。
評価★★★★

ガチバトル
 美浦南Wで2頭併せの内。重心は若干高めだが脚が良く振れておりキビキビとした動き。動きに素軽さもあり状態の良さが伝わってくる。
評価★★★

プリムラブルガリス
 栗東坂路で2頭併せの外。重心が低く身体全体を上手く使っている。脚も良く振れておりスピード感・軽さも文句なし。馬場が重いのをまるで感じさせない動きで、相当良い状態に仕上がっている。
評価
★★★★

モグモグパクパク
 美浦坂路で単走。前半ゆっくりから終い伸ばす形だったが、フォームが崩れること無くスイスイと登坂。ズバ抜けて良いという感じではなかったが、好調をキープしていることが窺える動き。
評価★★★

ディアセルヴィス
 美浦南Wで2頭併せの内。直線入り口で大きく内にモタれる。パートナーを置き去りにしたように調子は悪くなさそうだが、少々動きにモッサリ感は残る。好調はキープしているが大きく上昇したと言う感じは無い。
評価★★

ザラストロ
 美浦南Wで単走。回転の速いフットワークで脚を良く振れているのだが、身体に全く伸びが感じられない。何か脚が空転しているように見える。まるでダート馬の様な走りになっており、この辺に不振の原因が有るのではないだろうか?
評価★★

サクラディソール
 美浦坂路で2頭併せの内。全身を上手に使ったリズミカルな走りで、軽さとバネを感じさせる動き。脚も良く振れており、桜花賞に出したかったと思わせる状態。
評価★★★★

エーシントップ
 栗東坂路で単走。前半ゆっくり入って終い脚を伸ばす形。やはり休み明けの分、使っていた頃に比べて動きが若干重いか。休み明けということを考えれば及第点を上げられる仕上がりだが、使ってきている馬が多いだけに取りこぼしも考えられそう。
評価★★★

マイネルホウオウ
 美浦南Pで2頭併せの外。身体も上手く使えているし、脚の振りもマズマズ。前走時より大きな上積みは感じないが、良い状態をキープしているのではないだろうか。
評価★★★

マンボネフュー
 美浦南Wで単走。時計は平凡だが脚は良く振れており、首もだいぶ使えるようになってきた。やはり若干身体が硬い為、スピード勝負になると少々分が悪そう。状態は良い意味で平行線。
評価★★★


※各評価の意味は以下の通りです
最高の状態★★★★★
抜群の状態★★★★
好調をキープ★★★
平凡な状態★★
全然ダメ


■まとめ

 カシノピカチュウ、ワールンガ、グランプリナイトは映像が見れなかったので割愛。

 好調教馬が多いこのレースですが、人気どころで良い動きだったのはレッドアリオンですね。2走前のアーリントンCの時はそんなに良い動きを見せなかったのですが、今回は非常に力強い動きでパートナーを置き去りにしました。

 前走のフローラルウォーク賞で2勝目を上げたレッドアリオンですが、それが良いキッカケになったんですかね。思わず別馬かと思うぐらい良い動きでしたから。それだけにここもその走りに注目したいところですね。

 1番人気が予想されるゴットフリートも良い仕上がりだと思います。ただ次走に本番を控えていると言うこともあり、やはり多少はお釣りを残した出来。それだけに取りこぼす可能性も結構有るんじゃないでしょうかね。

 また同じことは実績最上位のエーシントップにも言えますね。実力的には勝って当然の同馬ですが、休み明けという事もあり、やはり仕上げには余裕が感じられます。

 陣営も当たり前のように次走にピークを合わせて行くでしょうし、ここは思った以上に人気するようなら、思い切って見しても良いかもしれませんね。

 人気薄の伏兵的存在を1頭上げるならば、前走500万を勝ちあがったばかりのプリムラブルガリスでしょうね。今回の追い切りではメンバー中1番といえる動きを見せており、非常に魅力的な存在となっております。

 血統的にもある程度のパワーをも要求される中山の馬場は合ってそうですし、鞍上がミルコ・デムーロ騎手というのも好感すべき材料。ここは同馬の1発があってもぜんぜん驚けないのではないでしょうか。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/04/05 23:46 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。