スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カミノタサハラの充実ぶりが凄まじい・・・ ~第73回皐月賞(GⅠ)調教診断~


2013_4_11カミノタサハラ
Photo by Yahoo

 10日、そして11日と皐月賞の最終追い切りが東西トレセンで行われました。

 今年の皐月賞は4強の争いと言われていますが、果たして出走する各馬の状態はどうなのか?力は出し切れるのか?追い切りを見て評価してみたいと思います。


スポンサードリンク

■皐月賞の追い切り評価

1番 メイケイペガスター
 栗東坂路で2頭併せの外。折り合い重視という感じでゆっくり入って、最後も馬なりのまま。稽古内容が軽すぎて正直何とも言えないが、体調自体はまずまずといった感じ。ただGⅠで勝負しようという追い切りではない。
評価★★

2番 インパラトール
 栗東坂路で2頭併せの外。回転の速いフットワーク。脚捌きも軽く、左手前に変えてグッと伸びる。脚も良く振れているし、後肢もぶれていない。一叩きされて大きく良化。
評価★★★★

3番 レッドルーラー
 栗東CWで3頭併せの外。やや前傾姿勢の走法。その為かそれ程前脚は前には出ないが、それでもマズマズ振れていると思う。直線で何度かノメる場面あり。切れるよりも長く良い脚を使う。後肢の引きもマズマズで、大きく良化した感じはしないが順調そのもの。
評価★★★

4番 ナリタパイレーツ
 栗東坂路で単走。後肢に比重を掛けた走法で重心が高い。途中何度も左右にふら付く。腰が甘いのか両後肢が外に振れていて安定しない。身体自体は大きく使えており元気は良さそうだが。
評価★★

5番 タマモベストプレイ
 栗東坂路で単走。四肢を一杯に伸ばしたフットワーク。脚運びに躍動感と力強さが同居し、重めの坂路をスイスイと登坂。首の使い方に若干の良化の余地を残しているが、それを除けばまさに申し分ない出来。
評価★★★★

6番 ミヤジタイガ
 栗東CWで単走。前半から飛ばした割りに最後まで踏ん張る。前が強く後ろが弱い印象のフットワーク。前肢の掻きこみは迫力充分だが、反面腰が甘いのか後肢の蹴りの弱さが目に付く。前脚が良く振れているように体調は良い。好状態をキープ。
評価★★★

7番 ロゴタイプ
 美浦南Wで単走。前半ゆっくりで終いだけサッと流す。身体全体を大きく使ったフットワークで脚捌きも軽い。脚もしっかりと振れているし走りに伸びもある。先を見据えて余裕を残した追い切りという感じだが、力は充分発揮できそう。
評価★★★★

8番 コパノリチャード
 栗東坂路で2頭併せの内。相変わらず回転の速いピッチ走法。躍動感は前走時以上だが、若干硬さが出たのか前脚の出が小さくなっている気も。後肢も若干外に振れる場面あり。2~3度フラついたし、元気は良いが前走時から大きな上積みはなさそう。
評価★★★

9番 サトノネプチューン
 美浦南Wで2頭併せの内。脚が長く飛びの大きいフットワーク。若干頭が高め。終始馬なりでパートナーと併入。まずまず脚は振れていたが特に目立つ動きでもなし。前走時とさほど変わらないか。
評価★★

10番 マズルファイヤー
 栗東坂路で2頭併せの外。前半ゆっくり入って終いを伸ばす。大飛びというよりも若干掻き込むような走り。脚の振りはマズマズで動きも軽かった。順調というところだろう。
評価★★★

11番 クリノヒマラヤオー
 栗東坂路で単走。回転の速いピッチ走法。腰が甘く芯が入っていないので左右に大きくフラつく。重心も高めで身体も上手く使えていない。元気だけは良さそうだが。
評価★★

12番 コディーノ
 美浦南Wで2頭併せの内。雨の影響で馬場が重く、また最後まで馬なりだったので時計は目立たなかったが、前肢の振りと後肢の踏み込みはこの馬らしい勢いの有るものだった。先を見据えた追い切り内容で間違いなく余裕は残しているが、それでも弥生賞よりは良くなっている。
評価★★★

13番 ラブリーデイ
 栗東CWで3頭併せの内。回転の速いフットワークだが、それにしても脚が前に出ていない。追われてからも全然グッと来るところがなく、パートナーに完全に遊ばれる。正直物足りない動き。
評価★★

14番 エピファネイア
 栗東CWで3頭併せの真ん中。身体全体を大きく使ったフットワーク。パートナーの間をグイッと抜けてきた追い切り内容は実戦的で好印象。前肢の振り、後肢の蹴り共に素晴らしく、弥生賞の時から一変してきた。まだ多少良くなる余地を残していそうだが、クラシック一冠目としては申し分ない出来。
評価★★★★

15番 カミノタサハラ
 美浦南Wで3頭併せの内。前半ゆっくりで終いを伸ばす。身体全体を大きく使ったフットワークで、脚捌きも軽い。仕掛けられるとスッと加速して抜け出したスピード感は中々。脚もしなやかに振れているし、弥生賞時よりも更に良くなっている。
評価★★★★★

16番 フェイムゲーム
 美浦南Wで2頭併せの内。道中は勢いがあり活気を感じられるが、追われてからの伸びが案外な感も。パートナーに追いつくのに手間取ったのは、後肢が若干甘いせいかな。順調だが大きな上積みはなさそう。
評価★★★

17番 クラウンレガーロ
 栗東坂路で単走。身体全体を大きく使ったキレイな走り。動きにバネと軽さが感じられ、脚も良く振れている。地味な存在だが出来の良さはメンバー中上位。
評価★★★★

18番 テイエムイナズマ
 栗東CWで3頭併せの外。大飛びで前脚を叩き付けるような力強いフットワーク。脚も良く振れており躍動感を感じる。ただ前が目立つ反面、後肢の蹴りには若干物足りなさを感じるか。体調自体は非常に良さそう。
評価★★★

※各評価の意味は以下の通りです
メンバー中1番★★★★★
抜群の出来★★★★
好調をキープ★★★
平凡な仕上がり★★
全然ダメ


■まとめ

 皐月賞の追い切り評価は以上のようになりました。

 弥生賞の時に仕上がり切っていると思ったカミノタサハラですが、追い切りの動きを見ると更に良くなっていますね。馬体にも成長の跡が見られますし、ここに来て恐ろしい成長力を見せています。

 追い切りでも四肢を一杯に伸ばしたしなやかな動きを披露。追われてからもスッと反応していましたし、申し分のない出来なのではないでしょうか。

 前走の弥生賞を大外ぶん回しで差し切ったように、若干器用さに欠けるところがある同馬ですが、この出来ならその不利を補い突っ込んでくる可能性も・・・。恐らく人気にはなるでしょうが、ちょっと外すことは考えられない仕上がりですね。

 エピファネイアも良い動きでした。特に直前は押さえ気味の追い切りを行った有力馬が多い中で、3頭併せの真ん中を突くという実戦的な追い切りを行ったのは高評価を与えられると思います。

 間違いなく弥生賞時とは馬が変わってきているエピファネイア。逆転も充分ありえるでしょうね。

 あと人気薄が予想される中から1頭選ぶとなると、スプリングS2着のタマモベストプレイですね。

 元々調子の変動が少ない馬で、ここのところずっと好調をキープしていましたが、今回は更に調子を上げており勝負を賭けてきた印象を受けました。

 身体全体を大きく使ったフットワークから生み出される躍動感、スピード感は相当なモノ。きさらぎ賞を勝っているとはいえどうしても戦績が地味で人気しない馬ですが、この動きなら有力馬に一泡吹かせる可能性も充分。

 私も追い切りを見るまでは軽視していましたが、これはちょっと考えを改めないといけませんね。あとは当日の気配次第ですが、有力な押え候補として検討したいと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/04/11 22:38 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。