スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロードカナロアが安田記念参戦を表明!


20130224 ロードカナロア / Lord Kanaloa
Photo by daba_jp

 驚きのニュースが入ってきました。

 今年の高松宮記念を制し、スプリントGⅠ3連覇の偉業を成し遂げたロードカナロア。

 そのロードカナロアが次走として安田記念に出走を予定していることが、本日馬主であるロードサラブレッドオーナーズのHP上で発表されました。


スポンサードリンク

■安田記念参戦は当初から予定されていた?

 ロードカナロアの安田記念出走のニュース自体は、今のところどのスポーツ紙でも報じられていません。

 馬主であるロードサラブレッドオーナーズの公式HPでのみ、先行して発表されているようですね。

 以下がロードの公式HP上で発表されている、安田調教助手のコメントです。

安田調教助手 「前走のダメージが殆んど無し。このまま長期休養に入ると緩み過ぎてしまい、秋の再始動に支障が出るのが非常に心配です。マイルのスペシャリストとの力関係は分からぬものの、本馬のパフォーマンスが極端に落ちる事は無いはず。また、1600mでも結果を残せれば評価は一段と高まるでしょう。4月24日(水)に帰厩させ、安田記念(GⅠ)へ向けて調整を進める予定」


 これによると明日24日に栗東トレセンの安田厩舎に帰厩し、安田記念へ向けて調整を摘んでいく予定との事。

 本番まで一ヶ月余りありますし、この安田助手のコメントのニュアンスから察すると、実は当初から半ば予定されていた参戦っぽいので、仕上がりに関しては問題無さそうな気も・・・。

 高松宮記念終了後にオーナーサイドが『安田記念参戦は無い』とコメントしていましたが、おそらくあれはブラフだったんでしょう。決定ではなかったにせよ、間違いなく当初から安田記念参戦のプランは選択肢の一つとしてあったのでは。

 高松宮記念終了直後にいきなり『安田記念に参戦します』と言っちゃうと、反響も大きいだけに引っ込みも付かなくなってしまう。

 そこで一旦は安田記念には出走しないとコメントし、その後の様子を見て再度進路を表明すると言う流れだったんでしょう。うーん、、、策士ですな(笑)


■スプリントとマイルで頂点に君臨する

 しかしこれで安田記念が一気に楽しみになってきましたね。特に先日マイラーズCで強い勝ち方を見せたグランプリボスとの対決は、今から非常に楽しみです。

 ロードカナロアの安田記念参戦で懸念されるのは、3歳時のジュニアカップ(2着)以来となるマイル戦で今までのようなハイパフォーマンスを発揮できるのか?ということでしょう。

 確かに1200・1400m戦とマイル戦とでは勝手が違うので、ロードカナロアが今までのような圧倒的な走りを出来ない可能性はあるかも知れません。ただどんな競馬も出来る馬ですし、マイルをこなす可能性も同じくらい有るのではないでしょうか。

 過去にはタイキシャトルやデュランダルのように、スプリント路線とマイル路線両方で王者に君臨する名馬が存在しました。ロードカナロアもこれら名馬と同じか、それ以上のポテンシャルを秘めていることは間違いないはず。

 スプリントで世界の頂点を極めた龍王が挑む新たな挑戦。そしてこの挑戦は果たしてどういった結末を迎えるのか!?

 6月2日、初夏の府中を舞台に行われるマイル決戦に、大いに注目したいと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/04/23 22:29 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。