スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年々重要度を増す青葉賞。高配当をゲットする為に押えておきたい穴馬3選


青葉賞勝ち馬 フェノーメノ(蛯名正義)2
Photo by arima0208

 本日の東京競馬場メインレースは、ダービートライアルの『第20回青葉賞(GⅡ)』です。

 本番の日本ダービーと同じ舞台で行われるということで、年々その重要度が高まってきている青葉賞。一昨年・昨年と同レースを制した馬たちが、本番でも2着と好走していることからもそれは良く分かりますね。

 今年は現時点で東スポ杯2歳S2着のレッドレイヴンの人気が抜けており、私も同馬とラストインパクトの2頭が最有力候補だと思っていますが、それ以外の馬たちは意外と混戦で穴要素もそれなりにありそうな気が・・・。

 ここはヒモ荒れ狙いで人気薄に流して見るのも、ちょっと面白いかもしれませんね。


スポンサードリンク

■実力の割に評価が低いトウシンモンステラ

 前走ゆきやなぎ賞を快勝したトウシンモンステラ。この時、今回同じレースに出走しているアドマイヤスピカに完勝しているだけにもっと人気するかと思ったのですが、意外とそうでもないですね。

 追い切りの動きは上々。距離は前走でこなしていますし、折り合いに関しても不安はナシ。前走を見ても分かるように末脚の破壊力もメンバー中上位なので、この人気は逆に美味しいぐらい。

 また有力馬が外枠に集まっているというのも良いですね。馬群も苦にしない馬なので、楽に脚を溜めれそうですし。

 レッドレイヴンとラストインパクトは強いですが、同馬もその2頭に割って入れる力量の持ち主だと思います。


■今流行の血統であるヒラボクディープ

 いま流行のストームキャットの肌にディープインパクトという配合の同馬。

 この配合の馬は不器用なところが有る反面、自分の競馬の形に持ち込むと良い脚を使うことが多いのですが、ヒラボクディープも水仙賞のようにレースの流れにスムーズに乗ると、最後の直線で良い脚を使います。

 追い切りでは直前に放馬してしまったのことで、単走での軽めの内容でしたが、動き自体は身体全体を使えており柔らかな動きを見せていました。体調自体は中々良いんじゃないですかね。

 今回は内目の枠を引きましたし、道中中団でジッと脚を溜めれば良い脚を使えそうな感じ。立ち回り一つでどうにでもなるんじゃないかなと思います。


■ヒモ荒れを狙うならカフェリュウジン

 前走中山マイル戦で不利といわれる大外枠を克服し、勝利したカフェリュウジン。外々を回っても最後まで伸び続ける末脚は、如何にも東京コース向きですね。

 課題は距離でしょうか。全兄がカフェマーシャル・カフェシュプリームという、2頭ともスプリンターに出ている血統だけにどうしても距離の不安が付いて回りますが、上2頭に比べれば断然折り合いも付きますし、今の時期の2400m戦なら乗り方一つでごまかしが利かないかなと。

 さすがにアタマまでというイメージは沸きませんが、3着ぐらいなら調子も良いですし何とかなりそうな気がします。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/04/27 11:54 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。