スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

競馬ファン必見!アメリカでオルフェーヴルの阪神大賞典を超える逸走を見せた馬現る


2013_5_1スパイサーカブ
Photo by BloodHorse

 日本で逸走したレースと言えば、昨年オルフェーヴルが2着した阪神大賞典を思い出します。

 あのレースも一度レースを止めてしまった馬が、そこから驚異的な脚力で僅差の2着に突っ込んでくるという常識外れの走りに大興奮したものですが、このたびアメリカのピムリコ競馬場でそのオルフェーヴルの逸走も可愛く思えてしまうほど、常識ハズレなレースを展開した馬が現れました。

 その馬の名はスパイサーカブ。あの阪神大賞典を上回るインパクトというと中々想像し辛いものですが、果たして彼はどんなレースを展開したのでしょうか?


スポンサードリンク

■オルフェーヴルの阪神大賞典を超えた!?



All Is Well After 'Wildest Race' at Pimlico / BloodHorse.com

 このレースは現地で『Wildest Race(ワイルドレース)』という名称で紹介されたそうですが、確かにワイルドですね(苦笑)

 4コーナーで外ラチまでぶっ飛んで行き、その後体勢を立て直してまた先頭に並びかけたのもスゴイですが、そこからもう一度外ラチまでぶっ飛んで行き、最後は騎手が鐙を外してしまっているのにも関わらず追い込んで来るんですから。

 これで僅差の2着ですからね。まともにレースしてたらどれだけ千切っていたんだろうと(苦笑)

 乗っていた騎手の人もこの結果には悔しいでしょうが、それよりも命が有って良かったと思っているかも知れません。なにせ2度目の逸走の時は、コースの外に置いてあったゲートに向かって突進して行ってますからね(苦笑)

 幸いにして外ラチとゲートの間にスペースがあったのでそこを抜けて出てきましたが、もしスペースが無かったらと思うと・・・色々と奇跡的なレースですね、ホント。

 こういうレースは見てるほうは楽しいものですが、実際レースに参加している側にとってはたまったモノじゃないもの。こういったレースを繰り返さないよう、改めて馬をしっかりと調教しなければいけないなと思いました(苦笑)

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/05/01 12:33 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。