スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ローズキングダムが遂に引退へ・・・。今後は未定ながらも、第二の馬生が素晴らしいものになる事を期待したい


ローズキングダム 返し馬
Photo by arima0208

 先日行われた新潟大賞典で11着と惨敗し、今後の動向が注目されていたローズキングダム。

 レース前には管理する橋口調教師が『最後のつもりで』とコメントしていたように、いわば背水の陣に挑んでいたローズキングダムでしたが結果は出ませんでした。

 この結果を受けて『いよいよ引退かな・・・』と思っていましたが、7日に同馬の馬主であるサンデーレーシングの公式HPに『引退の方向で検討している』とのコメントが遂に出たようですね・・・。


スポンサードリンク

■ようやくという気持ち・・・

GI2勝馬ローズキングダム引退…今後は未定 / サンケイスポーツ

 ようやく現役引退の方向へと進むことになったローズキングダム。近走は力量の衰えによる成績不振というよりも、競馬で走ること自体を拒否していて成績不振に陥っていただけに、もう復活の目は無いと思っていました。

 それだけに以前から引退させてはどうかと、事有るごとに訴え続けてきた訳ですが、厩舎サイド並びに馬主サイドのようやくの決断にホッとしましたね。

 このままではいつ最悪の事態が訪れてもおかしくないと危惧していましたので、復活できなかったことは残念ではありますが、大きな怪我等をすることなく無事にターフを卒業できたのは本当に良かったと思います。


■日本がダメなら海外も視野に入れてみては?

 今後のローズキングダムに関してですが、現時点では種牡馬入り等も含めて未定との事。

 血統そのものに関しては名牝系の出身ですし価値が高いと思うのですが、いかんせん現在の日本における主流血統であるサンデーサイレンスとキングマンボの血を、ごく近い代で持っているというのが痛いところですね。

 どちらか片方の血だけならまだしも、両方とも持っているとなると配合の選択肢がかなり狭められてしまいます。特に日高はサンデーサイレンスの血を持った繁殖牝馬が氾濫している状態ですから。

 これだけの血統馬であり、また実績馬であるローズキングダムが種牡馬入りを躊躇われるのも、これが最大の原因と言えるでしょう。中々厳しい時代だと思います。

 こうなると海外での種牡馬入りと言う話も出てくるのですが、個人的にはオーストラリア辺りからオファーが来ないかな?と思っています。

 というのも同地はデインヒルを筆頭にノーザンダンサー系の天下であり、血統的にもそれほど近い代にノーザンダンサーの血を持っていない同馬なら、それなりに需要もあるのではないだろうか?と思っている為です。

 それにオーストラリアの芝は欧州などと比べると日本に近いですからね。

 以前フジキセキやタヤスツヨシ、ジェニュインなどがシャトル種牡馬としてオーストラリアで種牡馬生活を送っていたことが有りますが、それぞれGⅠ馬を複数輩出するなど成功と言って良い成績を上げていました。

 高いスピードとある程度の早熟性を併せ持ち、どちらかというとサンデーの影響力が強めなローズキングダムなら、オーストラリアでも期待出来ると思うんですよね。

 血統的にもオーストラリアの主流血統ではありませんので、血の飽和を防ぎたい意図から意外と需要が見込めそうな気がしていますし。

 社台グループは過去にシャトル種牡馬事業を推進していたことから、現地にも太いパイプを持っているはず。まずはローズキングダムを手始めとして、種牡馬の海外輸出事業を本格的に検討し始めてみても良いタイミングなのではないでしょうか。

 折角世界的には希少なサンデーサイレンスの血を持っているわけですからね。その血を求める声は確かにあるわけですし、上手くやればビジネス的にも大きな可能性を秘めていると思うのですが・・・って、若干話がズレましたね(苦笑)

 いずれにしてもGⅠを2勝し、関係者や競馬界そのものに大きな功績を残したローズキングダム。同馬に関わった関係者には、ローズキングダムの余生を素晴らしいものにするという義務があると思います。

 種牡馬になるにせよ乗馬になるにせよ、ここまで頑張り続けてきたローズキングダムの余生が素晴らしいものとなる事を、心から願わずにはいられません。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/05/08 12:00 ] お疲れ様 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。