スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

先行激化で波乱の予感!? 安田記念の前哨戦『京王杯SC(GⅡ)』直前予想


京王杯SC勝ち馬 サダムパテック(C.ウィリアムズ)2
Photo by arima0208

 本日東京競馬場では、安田記念へ向けた前哨戦『第58回 京王杯SC(GⅡ)』が行われます。

 昨年の覇者サダムパテックをはじめ、18頭が集ったこのレース。メンバー的にも案外荒れそうな予感がするレースですが、果たしてどのような結果となるのでしょうか。


スポンサードリンク

■第58回 京王杯スプリングカップ(GⅡ) 芝左1400m

◎トウケイヘイロー
○ダイワマッジョーレ
▲サダムパテック
△インプレスウィナー
△ガルボ
△フラガラッハ
△フィフスペトル


 昨年のマイルCSの覇者サダムパテックが、安田記念に向けて登場して来ました。

 メンバー中唯一のGⅠホースであり、昨年の同レースの勝ち馬でもあるサダムパテック。鉄砲も利く馬なので人気するのは当然の存在ですが、今年は昨年とは違って仕上げに甘さが感じられる調整過程なのが気になります。

 昨年は賞金面の不安から、ここで結果を出さないと安田記念には出走できず、その為に休み明けと言えどもビッシリと仕上げられていた訳ですが、今年はそんなことをしなくても本番への出走は確定済み。

 その為に去年と比べても追い切り本数が少なく、明らかに先を見据えた仕上がりとなっています。ここは近走好調馬も多く出走してきており、単穴(▲)評価が妥当なところではないでしょうか。

 私の本命(◎)は、ダービー卿CTで重賞初制覇を成し遂げたトウケイヘイロー。

 ここは前に行きたい馬が多く、レース前半から息の入り辛い展開が予想されます。同馬も基本的に前に行く馬なので常識で考えれば辛いのですが、もともとヨーイドンの上がりの競馬よりも、持久力を試される競馬の方が向いているタイプ。

 道中内ラチ沿いで脚をジックリと溜め、直線スムーズに末脚を伸ばすことが出来れば案外我慢は利くのではないでしょうか。

 基本的には中山や阪神といった時計の掛かり易い馬場の方が良いタイプですが、今の東京は芝丈が長く時計は速くとも意外とパワーは必要な馬場。ダートで活躍馬を多く輩出している父ゴールドヘイロー譲りのパワーで、ここも重賞連勝を期待したいと思います。

 対抗(○)は、そのダービー卿CTで2着だったダイワマッジョーレ。

 惜しい競馬が続いているダイワマッジョーレですが、どんな競馬になっても最後は差し込んでくる末脚と競馬センスの高さは魅力的。

 相変わらず追い切りでも良い動きを見せているように、ここでも好調をキープ。前脚を掻き込むように使う馬なので、雨で馬場が悪化しても大丈夫では。

 今の東京に必要なパワーとスピードを兼ね備えている馬ですし、メンバー的にも大崩れは考えにくいですね。

 あとは連下(△)候補として、仕上がりに若干甘さが残るものの東京芝1400mのスペシャリストであるインプレスウィナー。

 マイラーの印象が強いが、実は1400m戦の適性も結構高いガルボ。近走の成績は冴えないものの、徐々に調子が上がってきており末脚がハマれば怖いフラガラッハ。

 そして高松宮記念8着、マイラーズC5着と、成績・内容共に1戦毎に良くなっているにも関わらず低評価のフィフスペトルなどをチョイスしたいところ。

 トウケイヘイローの欄でも触れました様に、今回は逃げ・先行馬がメンバー全体の約半数を占め、特にシルポート陣営は『絶対逃げる』と宣言していることからも先行激化の流れが予想されます。

 只でさえ流れがキツいところに雨の影響で差し・追い込みにとって有利になる可能性が出てきたので、レース直前まで東京競馬場のバイアスは充分見極めたいところですね。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/05/11 12:25 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。