スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

復活の兆しを見せたジョワドヴィーヴルと、力を出し切れなかったハナズゴール ~2013ヴィクトリアマイル(GⅠ)レース回顧その2~


2013_5_12ヴィクトリアマイル3
Photo by 競馬ブック

 素晴らしい熱戦が繰り広げられた今年のヴィクトリアマイル(GⅠ)。

 先にPOSTした『2着じゃ駄目なんです!? 素晴らしい勝負根性でGⅠ初制覇を果たしたヴィルシーナ ~2013ヴィクトリアマイル(GⅠ)レース回顧その1~』に引き続き、ここでは3着馬から6着馬までを取り上げた、回顧記事その2をお送りします。


スポンサードリンク

■だいぶ復調してきたジョワドヴィーヴル

1、パドック

 思っていたよりもパドックでは好気配でしたね。細身の馬体は相変わらずでしたが、この馬なりに肩やトモに筋肉が詰まってきた気がしました。

 追い切りでも『復調気配がある』と書きましたが、いよいよ良い時の状態を取り戻してきたようですね。歩様も軽く力強いものでしたし、良い状態だったと思います。

2、レース

 スタートで多少後手を踏み後方からの競馬。まあ基本的にこの兄弟はスタートが余り上手くなく、直線での末脚に賭けるタイプが多いので、不利というほどのものでもなかったと思います。

 道中はそのまま後方を進み、直線では大外に持ち出されたジョワドヴィーヴル。追い出されてから暫らくはモタモタしており、エンジンが掛かったのは坂を駆け上がってからでしたが、これは本当に良くなりきっていなかったせいでしょう。

 追い切りでも途中腰を落とす場面が見られたように、若干腰の甘さが残っていましたからね。その分坂では力が入りきらず、坂を上りきって平坦になってから腰がハマってエンジンが掛かったのだと思います。

 最後はメンバー中最速の脚で追い込んで来たものの4着。あの部分のもたつきが悔やまれますが、良化途上という事を考えれば中々の結果。今後が楽しみになってきましたね。

3、今後について

 上でも書いたように良化途上の身ながらも、僅差の4着と好走したジョワドヴィーヴル。ようやく良い頃の状態を取り戻しつつあるようで、今後が楽しみになってきました。

 基本的に細身で軽いスピードが武器の馬だけに、東京や京都といった軽さをフルに行かせる競馬場が向いているでしょう。適性距離も中距離なのは間違いなく、秋のエリザベス女王杯は当然争覇圏内でしょうね。

 反面パワーを要求されるような馬場での競馬となると、思わぬ取りこぼしも予想されるだけに、その辺は良く考慮して馬券を買いたいと思います。


■昨年ほどの状態に無かったドナウブルー

1、パドック

 マズマズの気配ではありましたが、良い時と比べると身体の張りが今一つでしたかね。好調時はもっと馬体を大きく見せる馬だったと思います。

2、レース

 レースでは予想通り好位からの競馬。理想を言えばもう一列前、マイネイサベルのポジションが欲しかったと思いますが、斜め前にいたアイムユアーズが動いた時に前をカットする形となり、控えざるを得ませんでした。

 道中はそのままのポジションで進み、勝負は最後の直線へ。いざ満を持して追い出しを開始しますが、思ったよりも弾けないドナウブルー。逆にマイネイサベルやヴィルシーナに引き離されてしまいます。

 この辺は恐らく状態の差が影響したんでしょうね。良い時のドナウブルーならもっと良い脚を使えていたのは間違いなく、やはり復調し切れていない分、末脚も鈍ったのだと思います。

 最後はそのままのポジションを守りきったという感じでゴール板を通過。鞍上のC・ウィリアムズ騎手も日曜日はイマイチ波に乗り切れていない感じでしたが、人馬共に消化不良といった感じのレースだったと思います。

3、今後について

 今回ベストの舞台でイマイチの結果に終わってしまったドナウブルー。

 ドナウブルーにとってGⅠを勝つ可能性が一番高いレースは、どう考えてもこのヴィクトリアマイルなだけに、ここで力を出し切れる状態に仕上げられなかったのは陣営にとっても痛いですね。

 今後は秋のマイルCSを目標として仕上げられる訳ですが、同レースは牡馬相手に戦わなくてはなりませんからね。さすがに相手関係を考えると好走は期待出来るものの、勝つのは大変そうです。

 妹のジェンティルドンナは日本を代表する名牝に育っただけに、姉もと期待するのは当然なのですが・・・プレッシャーに負けずに頑張って欲しいですね。


■道中力んでしまったハナズゴール

1、パドック

 プラス10キロと大幅に馬体重を増やしてきましたが、元々かなり細身の馬だけに全く太くは見えませんでしたね。逆にちょうど良く見えたほどです。

 馬体の張りも良く気合を前面に押し出してパドックを周回していたハナズゴール。この時は良い状態に見えたのですが、結果としてこの気合の乗りが諸刃の剣になってしまいましたね。

2、レース

 互角のスタートから道中は中団やや後方での競馬。浜中騎手が内ラチ沿いのポケットに入れて馬を我慢させていましたが、それでも結構行きたがっていましたね。

 折り合いを欠いて暴走するようなことはありませんでしたが、かなり力んで走っており、だいぶスタミナを消耗してしまった可能性も。

 直線でも前が壁になるという不運はありましたが、それでもいざ追い出すと思ったよりも弾けなかったのは、道中で力んだ分でしょう。本来のハナズゴールならもっと弾けて良い筈ですからね。

 そして最後の方では内にもたれて、浜中騎手が必死に体勢を立て直す場面も。元々内ラチを頼るような面を見せる馬ですが、苦しくなってモタれた可能性も高いのではないかと思います。

3、今後について

 残念ながら今回結果を出すことが出来なかったハナズゴール。このレースは同馬にとってベストといえる舞台だっただけに、この結果は残念ですね。

 今回は色々な面が重なっての敗戦だった訳ですが、気になるのはここに来て折り合い面の不安が表面化してきていることですね。以前はここまで折り合いに苦労する馬ではなかった気がするのですが。

 同馬にとっては直線での爆発力が最大の武器なだけに、その最大の武器をスポイルしてしまう可能性が高い折り合いの不安は何とかしたいところ。

 今回折り合いを欠いたのは、前走1400m戦の阪神牝馬Sを使ったのも一因でしょうが、何とかこの折り合い不安が慢性化しないように、陣営には早めに手を打って欲しいところですね。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/05/12 22:01 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。