スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最高評価は意外なあの馬!? ~2013オークス調教診断~


ジェンティルドンナ 口取り
Photo by arima0208

 明日はいよいよ優駿牝馬(オークス)です。

 今年も18頭の牝馬たちが、樫の女王の座を目指し東京競馬場・芝2400mの舞台に集いました。果たして彼女達は力を出しきれる状態に仕上がっているのか、1頭ずつ見ていこうと思います。


スポンサードリンク

■第74回 優駿牝馬(GⅠ・芝2400m)

1番 レッドオーヴァル
 栗東CWコースで2頭併せの内。この厩舎では珍しいレース直前のコース追い。距離を考えて少しでもスタミナを養成しようと言う意図だろう。バネが効いた走りで滞空時間の長いフットワーク。仕掛けられてからもしっかりと反応していたし、間違いなく前走以上の出来。
評価★★★★

2番 ブリュネット
 栗東CWコースで2頭併せの内。口向きが悪く前半はフラフラしてコントロールが利かず。ペースが上がってからは真っ直ぐ走っていたが、それでも盛んに行きたがっていて制御の難しい面を見せていた。元気は良さそうだがGⅠの追い切りとしては失格の内容。
評価

3番 メイショウマンボ
 栗東坂路で2頭併せの内。終始馬なりの内容だったが、脚はマズマズ振れていた。桜花賞の時よりも前脚のしなりが出ている感じ。脚が長い割には余りストライドの伸びない走り。短距離で結果を出している秘密はこの辺にあるのかも。仕掛けてから変に半身になる癖も見せなかったし、状態は良くなっている。
評価★★★

4番 アユサン
 美浦南Wコースで3頭併せの内。一週前、そして今回と2週続けてビッシリと追われる。これで緩かった馬体も仕上がるだろう。動きは変わらず良い。フットワークの大きさの割りに回転の速い走りなので、意外と脚の使える距離に限界があるタイプかも。直線が長ければ長いほど良いというタイプでは決して無い。
評価★★★★

5番 デニムアンドルビー
 栗東CWコースで3頭併せの中。一週前に強めにやっているので、今回は最後まで馬なりで流す感じ。ディープ産駒の割には回転の速い走りで、思ったほどバネの利いた走りではない。長く良い脚を使うというよりは、脚の回転を生かした一瞬の切れが武器なタイプか。
評価★★★

6番 サクラプレジール
 美浦坂路で2頭併せの内。脚をピンと伸ばすのではなく、掻き込む様なフォームで回転の速い走り。現状前で引っ張るような走り方をする馬なので、機動力よりも息の長い末脚を要求される東京コースで果たしてどうか。出来は良いがその辺がキャリアの浅さと共に不安と言えば不安。
評価★★★

7番 ティアーモ
 栗東Pコースで2頭併せの内。まず目に付くのが頭の高さ。口向きもそんなに良くなく、追われてからも首を使えていない。終い重点の内容なのでこれくらいの時計は出るし、正直平凡な内容。
評価★★

8番 ブリリアントアスク
 美浦北Cコースで単走。馬なりでサーッと流す程度だが、首もリズム良く使えていたしこの馬なりに好調といった感じ。目を引くような動きではないが体調そのものは良さそうだ。
評価★★

9番 ローブティサージュ
 栗東坂路で2頭併せの外。パートナーに手応えでは見劣ったが、ここ2走ほど見られた動きの重苦しさが無くなり、脚捌きに勢いが戻ってきた。気持ちも前向きだったし、ここに来てようやく良い頃の雰囲気を取り戻してきた感じ。桜花賞よりも前進あっておかしくない。
評価★★★

10番 リラコサージュ
 栗東坂路で単走。途中まで良い感じだったが、仕掛けられてから頭が上がり重心が高くなってしまう。それでも動き自体は破綻せずに最後まで動けていたが、そこだけちょっと気になった。基本的にはストライドの狭い走りでマイラー色が強い。体調はマズマズ。
評価★★

11番 クラウンロゼ
 美浦坂路で単走。中間に一頓挫あったということらしいが、極々軽めの追い切り内容で、動き自体も伸びが感じられずに硬さが目立ち、桜花賞時のような躍動感は全く感じなかった。何とか間に合わせたという感じで、正直参加するだけだろう。
評価

12番 フロアクラフト
 栗東坂路で単走。回転の速いフットワークで右後肢が若干外に振れ気味。強靭な前の力で引っ張るような走り方で、正直これ以上の距離延長はどうか。後肢にもっと力が付いてくればマイラーとして大成しそうな雰囲気は感じる。状態は良い。
評価★★★

13番 エバーブロッサム
 美浦南Wコースで2頭併せの内。一週前追い切りの時点では重く感じたが、今週の動きは素軽く良かった。首の使い方が上手で、それに連動して前脚も良く伸びている。追うごとに明らかに良くなってきており、これなら一発有ってもおかしくない。
評価★★★★

14番 プリンセスジャック
 栗東坂路で単走。相変わらず腰の甘さが目立ち、坂路では目を引く動きをしない。前脚の捌きもガニ股気味で上手に下を捕らえられないから、余計にフラフラして重心が安定しないのだろう。それ程坂がきつくない東京コースなら腰の甘さを必要以上に気にする必要も無いが、それでも不安材料の一つであることは確か。
評価★★

15番 セレブリティモデル
 栗東Pコースで単走。回転の速い軽快なフットワーク。走りに伸びは感じられないが、スピード感はあり動きは悪くない。後は良馬場のスピード勝負になった時にスピード負けしないかどうか。
評価★★★

16番 クロフネサプライズ
 栗東坂路で単走。元々動く馬だが、桜花賞の時よりも身体全体の使い方が上手くなっており、明らかに動きが良くなっている。重心の低い走りの馬で、パンパンの良馬場でも充分力を発揮できそうな感じ。トビも大きい方だし、距離は問題ないと判断する。
評価★★★★

17番 スイートサルサ
 美浦南Wコースで単走。2週続けて南Wで負荷を掛けられた訳だが、2週とも全身をフルに使った素晴らしい動きを披露。前脚の振り、後肢の戻し蹴り共に申し分なく、身体も安定していて全くぶれるところが無い。大飛びの馬なので良馬場でないと能力半減だが、馬場状態が良ければ既存勢力をまとめて負かす可能性を秘めていると感じさせるほどの動き。
評価★★★★★

18番 トーセンソレイユ
 栗東CWコースで2頭併せの内。前後肢共に回転の速いピッチ走法。手綱をガッチリと抑えていたせいもあるが、首が高めで手先だけで走っている印象が強い。体調は良さそうだがビシッと追えないのはやはり馬体重を気にしていると言うことか。
評価★★★

※各評価の意味は以下の通りです
メンバー中1番★★★★★
抜群の出来★★★★
好調をキープ★★★
平凡な仕上がり★★
全然ダメ


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/05/18 23:43 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。