大外枠も問題なし。グランデッツァが混戦皐月賞に断を下す ~第72回皐月賞(GⅠ)予想~


ヴィクトワールピサ@皐月賞

昨年は震災の影響で、東京競馬場で行われた皐月賞。
今回は2年ぶりに中山競馬場で行われる事になる。

今年の皐月賞戦線は混戦。
世間ではそう言われているが、その事は予想していてつくづく実感した。

重い印の馬は案外アッサリと決まったのだが、紐に狙いたい馬が十指では足りない始末(苦笑)つくづくどんな馬にもチャンスが有り得る、混戦皐月賞なのだと実感する。

はたして、この混戦状態に断を下す王者は誕生するのか。
それともダービーまでこの状態が続くのか。
中山競馬場に集った、若き優駿18頭の走りに注目したい。
スポンサードリンク




◆第72回 皐月賞(GⅠ・芝2000m)◆

  ◎グランデッツァ
  ○アダムスピーク
  ▲デイープブリランテ
  △ワールドエース
  △アーデント
  △コスモオオゾラ
  ☆トリップ
  ☆モンストール


本命◎はスプリングS勝ち馬、グランデッツァで。
前走の勝ちっぷりは圧巻だった。昨年暮れのラジオNIKKEI杯2歳Sでは3着と破れたが、当時は中間熱発し順調な調整とは言えない状況。それで3着だったのだから、まともに仕上がれば力は抜けていて当然なのだろう。今回も中間は順調で、1週前・当週と追い切りで素晴らしい動きを披露。この後ダービーを控えるため、極限まで攻めた内容ではないが、それは他馬も同じこと。現状では能力が一枚上だと思われるし、ここは父アグネスタキオンに続く父子制覇を期待する。

対抗○は弥生賞で一敗地に塗れたアダムスピーク
前走は1番人気に推されたが、8着と大敗。しかしアレは4コーナーと直線でぶつけられ、バランスを崩したことが原因で、決して力負けではない。マトモならここでも上位争い可能な好素材で、軽視していると痛い目にあうだろう。追い切りでは素晴らしい動きを披露し、枠も良いところを引いた。あとは真の力を発揮するだけである。

単穴▲はディープブリランテ
ディープ産駒の中では、一番中山に適性が有ると思われる同馬。状態面は問題なく、枠も良いところを引いた。あとは折り合いだけだろう。馬群の中に入れて、上手く前の馬を壁にすることが出来れば・・・。大舞台に強い岩田騎手の手腕に期待したい。

連下△は3頭。
まずはきさらぎ賞馬ワールドエースが連下1番手。
正直中山コースは不向きだと思うが、その能力の高さは疑い様はない。鞍上も福永騎手で、おそらく正攻法の競馬をすることは間違いないだろうが、地力で2着までなら充分ありうるだろう。もしここを勝つようなら、2年連続の3冠馬誕生も現実味を帯びてくる実力馬。たとえ不向きなレースと言えども、無視は出来ないだろう。

連下2番手はアーデント
元々素質の高い馬だったが、ここに来て上昇振りが著しい。追い切りでは見違えるような鋭い動きを披露。素質の高さに能力が追い付いて来た印象だ。枠は文句ない5番枠。道中はジッと息を潜め、直線に良いポジションで突入できれば、一発大仕事を成し遂げてもおかしくない。

連下3番手はコスモオオゾラ
評価の低い弥生賞馬だが、全くの軽視は危険。中山の馬場への適性は非常に高いし、状態も弥生賞時よりアップしている。しかも鞍上は、前日中山GJを制して勢いに乗る柴田大知騎手。同馬にとって良い流れが来ている事は間違いなく、運を引き寄せての好走も充分ありうるだろう。

特注☆は2頭。
トリップは弥生賞2着馬。前走はコスモオオゾラの末脚に屈した訳だが、道中結構行きたがっており、幾分末脚を消耗していた感も。一叩きされたことでガス抜きも出来ただろうし、状態は定石通りにアップしている。今の時計の掛かる馬場は、クロフネ産駒たる同馬にとってはピッタリ。好枠を利してスムーズに直線に向ければ、馬券圏内を望む走りも充分可能かと思う。

メイショウカドマツは若葉S2着馬。
ゼロスの出方次第では有るが、恐らく逃げるのはこの馬。平均ペースで馬群を引っ張り、逃げ粘りを狙うだろう。中山の馬場も今までの傾向どおりならば、内から乾いていく筈。乾いたところを通れるのは、同馬にとって大きなアドバンテージとなろう。流石にアタマまではないと思うが、3着の可能性を充分ありうるはずだ。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL