スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

好メンバーが揃った安田記念。最高評価は意外なあの馬!? ~2013安田記念(GⅠ)馬体診断~


安田記念勝ち馬 ストロングリターン(福永祐一)
Photo by arima0208

 ダービーの余韻がまだ残っている今日この頃ですが、今週は古馬マイル王を決める戦い『第63回安田記念(GⅠ)』が行われます。

 今年は世界の龍王ことロードカナロアが参戦を表明するなど、近年になくメンバーが揃った感がある同レース。レベルの高いレースが見れそうでワクワクしますね。

 果たしてロードカナロアはマイルをこなせるのか?そして迎え撃つマイル路線の強豪達の状態はどうなのか?馬体診断で詳しく見て行きたいと思います。


スポンサードリンク

■第63回 安田記念(GⅠ) 芝1600m

ロードカナロア
 さすが世界レベルのスプリンター。筋肉量が圧倒的で迫力が凄い。ただ脚回りは意外とスッキリしていて、マイルぐらいならこなせそうな感じも。マイルもこなせるスプリンターといった感じだろうか。1週前追い切りの映像を見た時も思ったのだが、写真を撮った時点では馬体に結構余裕がある。本番までにどれだけ絞れてくるか?そこだけが心配。
評価★★★★

グランプリボス
 一目見て思ったのは毛ヅヤ・馬体の張りが思ったほど良くないなと。元々そんなにピカピカに見えるタイプでも無いが、光線の関係か?思ったほど良くない。そのせいか全体のシルエットも若干締まり無く見えてしまう。トモの筋肉量も昨秋のマイルCS時の方が有ったような気が・・・。当日の気配に注視したいところ。
評価★★★

ヴィルシーナ
 ヴィクトリアマイル出走時の写真と比べると、若干毛ヅヤがくすんでいる感じか。この写真を撮ったのが22日。さすがにこの時点では激戦の疲れは完全に抜け切ってはいない模様。当然の事ながら馬体のシルエットに大きく変わったところはない。基本的にはマイルをこなせる中距離馬。牡馬相手だと筋肉量に不満が残るし、流石に厳しい戦いを強いられそうな気がする。
評価★★

ショウナンマイティ
 元々こういう感じの体型の馬なのだが、22日の時点では全体的に若干余裕が感じられ締りが物足りない。ストームキャット肌らしく全体に筋肉量豊富で逞しいのだが、四肢が長くやはりマイルよりは中距離以上といった風情を漂わせる。機動力は全く感じられない造りなので、後ろから行って直線どこまで?という感じだろうか。
評価★★★

ダイワマッジョーレ
 ダイワメジャー産駒にしてはゴツ過ぎず、コンパクトに纏まった好馬体の持ち主。レースでは430キロ台半ばで走っているが、そんな小さな馬には全然見えない。毛ヅヤ・身体の張りは今回のフォトパドックの中で1番と言って良いほど。今は本当に充実しているのだろう。有力馬に意外と付け入る隙がありそうなだけに、この出来なら勝ち負けを期待してみても良いのでは?
評価★★★★★

カレンブラックヒル
 立たせ方の問題かもしれないが、今回はいつになくトモの筋肉量の豊富さが目立つ。マイルを走る馬にしては全体的に華奢な印象を持っていただけに、これは良い傾向だろう。基本的には胴が詰まった箱型の体型で、やはりマイルがベストな馬。あとは肩がもう少し逞しくなってくれば言うことないのだが・・・。
評価★★★

サダムパテック
 一叩きされてグンと良くなってきたという印象。マイラーにしては脚長の馬で、この長い脚を存分に生かすためには豊富な筋肉が必要なのだが、今回肩・トモとも筋肉が盛り上がっておりはち切れんばかりの仕上がり。これならば息の長い末脚を存分に繰り出せることだろう。毛ヅヤもピカピカ。展開さえ味方すれば武豊騎手の2週連続GⅠ制覇も充分期待出来そうだ。
評価★★★★

サクラゴスペル
 目に付くのは毛ヅヤの良さ。皮膚も薄くて体調はかなり良さそうだ。姿勢の崩れた立ち写真ではあるが、パッと見シルエットはスラッとしていて、マイルは全く問題ないように映る。ただ筋肉が若干硬めに映るので、そこはマイナス材料かもしれない。出来自体はこの中でも上位だろう。
評価★★★

マイネイサベル
 牝馬らしいスラッとした馬体を維持している。ヴィクトリアマイルの時の方が若干毛ヅヤが良かったように思えるが、好調は維持しておりそれ程気にする必要もなさそう。基本は中距離馬でさすがに牡馬トップクラスを相手にすると厳しいと思うが、出来の良さでどこまで迫れるかといったところだろう。
評価★★★

ダークシャドウ
 気になるのはマイルがどうか?という点だろうが、馬体を見る限りはマイルをこなせる中距離馬といった風情で、特に問題は無いように映る。毛ヅヤの良さと張りが目立ち、肩・トモの筋肉量も充分。脚の長さも丁度良い感じなので、意外とマイル適性は高いのでは?変に緩急のある流れよりも、息の入りにくい厳しい流れでこそ真価を発揮するタイプなので、ここでも意外とやれそうな気がする。
評価★★★★

ナカヤマナイト
 さすがにこのメンバーに入ると胴の長さが目立つ。意外と脚が短いのでそういった意味ではマイル適性は有るのかもしれないが、一線級と比べるとやはり筋肉量が物足りない。やはりここは厳しいだろう。
評価★★

※各評価の意味は以下の通りです
メンバー中1番★★★★★
抜群の好馬体★★★★
好調をキープ★★★
平凡★★
全然ダメ


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/05/30 09:00 ] 馬体診断 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。