スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『世界の支配者』ルーラーオブザワールドが英ダービーを完勝。凱旋門賞有力候補に名乗りを上げる


2013_6_4ルーラーオブザワールド

 6月1日にイギリス・エプソム競馬場で行われたイギリスダービー(英GⅠ)

 欧州3歳牡馬を決めるこのレースで、圧巻の走りを見せ見事頂点に輝いたのは、デビュー以来僅か56日でこのレースに挑んだ名門エイダン・オブライエン厩舎の至宝、ルーラーオブザワールドでした。


スポンサードリンク

■見事な戦略で栄冠を勝ち取ったオブライエン陣営

 このレース1番人気は、現在7連勝中の英2000ギニー馬ドーンアプローチでした。そのドーンアプローチに対し、エイダン・オブライエン陣営のバトルオブマレンゴや、ルーラーオブザワールドらが挑むという図式になった今年のイギリスダービー。

 距離不安を囁かれていたドーンアプローチに対しオブライエン陣営が取った手は、2番人気のバトルオブマレンゴがまさかの逃げを打ってスローペースに持ち込み、ドーンアプローチの折り合いを乱して自滅に持ち込むというもの。

 結果的にこの手はズバリ的中。ドーンアプローチは途中から抑えきれなくなり先頭に立ってしまい、直線では早々に馬群に沈んでしまったのですから、まさに見事な戦略というしかありません。

 これも5頭もの管理馬を送り出したオブライエン陣営だから出来ること。逃げの手を打ったバトルオブマレンゴは苦しい競馬を強いられることになりましたが、代わりにルーラーオブザワールドやマーズといった有力馬が控えていました。

 そうではないとこういった手を打つことは出来ないでしょう。ある意味バトルオブマレンゴを捨石にする訳ですからね。

 多くの日本人はこういった戦略的な競馬を嫌いますが、そこまでしないと勝てないのが世界の競馬です。

 実際昨年の凱旋門賞でオルフェーヴルが好走できたのは、帯同馬として一緒にレースに出たアヴェンティーノの献身的な働きのお陰でした。

 そこまでしないと勝つことが出来ないのが世界競馬の頂点。今回のルーラーオブザワールドの勝利は、改めてその事実を日本の競馬ファンと関係者に突き付ける結果になったと思います。


■その名の通り『世界の支配者』となり得るのか

 イギリスダービーを制したルーラーオブザワールドは父ガリレオ、母ラブミートゥルー、母の父キングマンボという血統(詳しくはこちら)のアイルランド産の3歳牡馬。

 半兄には英仏愛でGⅠ5連勝を達成したデュークオブマーマレードがおり、近親にもエーピーインディなど活躍馬が多数存在するという、まさに超良血馬といえる同馬。

 兄のデュークオブマーマレードは早くからそこそこ活躍していたものの、本格化したのは古馬になってからという奥手の馬でしたが、弟であるルーラーオブザワールドもデビューしたのが今年の4月7日と、兄以上に奥手の雰囲気を漂わせる馬でした。

 そんな馬がデビューして僅か56日で、欧州3歳牡馬の頂点に立ってしまうのだから末恐ろしい。血統的にはこれから本当に強くなってくると思われるだけに、本格化したらどこまで強くなるのか。本当に楽しみですね。

 これでデビュー以来3戦3勝としたルーラーオブザワールド。次走は定石通り愛ダービー(愛GⅠ)となることでしょう。現時点では欧州3歳牡馬にこれといったライバルは見当たりませんし、アクシデントさえなければ順当に2冠を達成するのでは。

 この英ダービーの勝利によって、現時点における凱旋門賞前売りでオルフェーヴルに次ぐ2番人気に支持されることになったルーラーオブザワールド。悲願の凱旋門賞制覇を目論む日本馬にとって、間違いなく最強のライバルだと思います。

 馬名のルーラーオブザワールド(Ruler Of The World)の意味は『世界の支配者』。過去に数々の名馬を所有し、世界競馬の頂点に君臨してきたクールモアがこの名を同馬に授けたということは、過去の名馬たちを凌駕するほどの素質を同馬に見出したということでしょう。

 果たしてルーラーオブザワールドはその名に違わぬ活躍を見せることが出来るのか?暫らくは同馬の動向から目が離せない日々が続きそうですね。


◆2013イギリスダービー(GⅠ・芝12ハロン10ヤード)◆


※イギリスダービーの詳しい成績はこちら

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/06/04 10:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。