スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋競馬の主役はこの馬!? 負けて強しだったジェンティルドンナ ~2013宝塚記念レース回顧・その2~


ジェンティルドンナ

 4歳3強対決に沸いた今年の宝塚記念。 

 先日のゴールドシップに引き続き、今回は3着に敗れたジェンティルドンナについて、色々と振り返ってみたいと思います。


スポンサードリンク

■好仕上がりだったジェンティルドンナ

 ドバイ以来久々となったジェンティルドンナですが、仕上がりは良かったと思います。

 470キロという馬体重は昨秋のJCに比べて10キロ増だったわけですが、太め感は感じられずに逆に引き締まった馬体で、この日の馬場状態を考えるならもっと増えていても良かったぐらい。

 海外遠征からの帰国初戦は調整が難しいと良く言われますが、そのハンデを感じさせない良い状態だったのではないでしょうか。


■同馬にとっては厳しい馬場状態

 戦前から良く言われていたのが、「ジェンティルドンナは道悪はどうなのか?」という事ですが、個人的にはやはり良馬場の時計の出る馬場でこそ、真価を発揮するタイプの馬だと思います。

 この日のパドックを見ていて改めて思ったのですが、同馬は牝馬という範疇の中では確かに筋肉質で、パワフルな馬体をしていると思いますが、根本的には薄手で骨格の軽い造りの馬です。

 牡馬と牝馬の違いは当然あるにしても、例えばゴールドシップなどと比べると、明らかに身体の厚みが違いますからね。重い馬場を苦にしない根本的なパワーという点では、明らかにゴールドシップなどとは見劣るでしょう。

 その反面、絶対的なスピード能力という点ではジェンティルドンナの方が上だと思いますが・・・。この日の阪神競馬場は、そのスピード能力をフルに生かせる馬場状態ではありませんでしたね。

 元々パワーの要求されやすい馬場であることに加えて、この週は週中から雨量が多く、また当日も頻繁に雨が降り、かなり地盤が緩んでいました。

 ジェンティルドンナにとってかなり厳しい馬場状態だったことは、間違いないと思います。


■厳しいレースで3着を死守したのは褒めるべき

 ゲートをポンと出て、好スタートを決めたジェンティルドンナ。元々どんな競馬でも出来るタイプですし、鞍上の岩田騎手は好位からの競馬を好むタイプですので、先行策は想定の範囲内でしたね。

 外からゴールドシップに突付かれた影響か、1コーナーから向こう正面入り口に掛けて多少行きたがってはいましたが、大して折り合いを欠いた訳でもありませんし、これに関してはたいした影響は無かったでしょう。

 ただやはり今回、ジェンティルドンナの走りに最大の影響を与えたのは、勝ったゴールドシップの存在なのは間違いないでしょう。

 他馬の動向を気にしないで競馬するということは、レースの性質上全く有り得ないのは当然なのですが、互角以上の力量を持つライバルにピッタリとマークされながらの競馬というのは、いくら男勝りなところがあるジェンティルドンナと言えども、相当に厳しいものだったのでは。

 しかもゴールドシップに騎乗していた内田博幸騎手は、昨年ヴィルシーナに騎乗して何度もジェンティルドンナと接戦を演じており、その能力や特徴を良く把握していましたからね。

 そういった人馬に目標にされ、そして決して自分の型ではないロングスパート合戦に巻き込まれてしまっては、直線で伸びあぐねるのも当然。また道中も馬場の悪い内側をずっと通らされ、必要以上に消耗してしまいましたし。

 私個人の印象としては、逆に「あの厳しい競馬でよく3着まで押し上げたな」という印象すら受けました。直線坂の部分で一旦フェノーメノに捕まりそうになったのに、そこからまた突き放しましたからね。あの底力は本当に凄い。

 2着のダノンバラードを捕まえ切れなかったのは残念ですが、あれは完璧な競馬をした川田騎手とダノンバラードを褒めるべきで、まあ仕方がないかなと。

 独特の感性で大レースに強い岩田騎手ですが、今回はそんなに上手いレース運びをした訳でもありませんしね。特に馬場状態をしっかりと読み切れていなかったのか、内ラチ沿いの一番状態が悪いところを通らせていたのは失敗だったのではないでしょうか。


■秋競馬の主役は間違いなく同馬

 今回は色々と条件が合わず3着に敗れたジェンティルドンナですが、この先について悲観する必要は全くないでしょう。逆に今回の走りで今秋の活躍は約束されたと言っても良いのでは?

 恐らく秋のローテーションは天皇賞からジャパンカップ、そして有馬記念という感じになると思われますが、天皇賞とジャパンカップは同馬が最も得意とする東京競馬場で行われます。

 雨が降って不良馬場にでもなれば話は別ですが、基本良馬場で行われる限り、この2レースでのジェンティルドンナの有利は不動のものでしょう。

 フェノーメノも東京コースは得意としていますが、昨秋のレース振りや今回の走りを考えると、絶対能力ではジェンティルドンナの方が一枚上なのかなと。

 もちろん万全の状態で出てくることが好走の絶対条件となりますが、それさえクリア出来れば秋競馬の主役の1頭として、期待に応える走りを見せてくれることは間違いないと思います。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/06/27 07:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。