スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スピードの絶対値が違いすぎる! ラブミーチャンが能力の差を見せつけ、スーパースプリントシリーズ3連覇の偉業を達成




 15日に船橋競馬場で行われた、スーパースプリントシリーズ最終戦『第3回 習志野きらっとスプリント』。

 前2年の覇者であり、同レース3連覇を狙うラブミーチャンが、単勝オッズ1.1倍という圧倒的人気に支持されていたこのレース。

 電撃の1000m戦であり、ちょっとしたミスが命取りになる同レースでしたが、抜群のスタートを決めたラブミーチャンが直線でも後続を圧倒。見事同レース3連覇の偉業を成し遂げました。


スポンサードリンク

■日本屈指のスプリンター

 パドックでは相変わらずトモ周りが緩く、腰をフラフラさせていたラブミーチャン。

 それでいてあの抜群のスタートダッシュを毎回決めるのだから、これはもうスタートセンスとか筋肉の強さとかが、他の地方馬とは次元の違うレベルにあるということなんだろう。

 今回もスタートで半馬身から1馬身、他馬より先んじて出たラブミーチャン。内からスパロービートが強硬にハナを主張したので、一旦は2番手に下げたが、結局スピードの違いで3コーナーで先頭に立ってしまう。

 そのまま楽な手応えで4コーナーを通過し、後続との差を徐々に広げながら最後の直線へ。

 前2年の同レースでは追ってから意外と反応せず、2着馬に食い下がられる場面があったが、今年は例年よりも調子が良いのか、追われてからもしっかりと反応。

 後続との差をグングン広げ、ゴール板を通過した時には2着ディープハントに5馬身もの差を付けていたラブミーチャン。

 短距離の1000m戦で5馬身差は、まさに能力に圧倒的な差がないと付けれない着差。

 今回の走りは、まさにラブミーチャンのスプリント能力が日本屈指のモノである事を証明する、素晴らしい走りだったと言うことだろう。


■ラブミーチャンの走りが見れるのもあと僅か

 この勝利で、自身の重賞タイトル獲得数を15としたラブミーチャン。

 フリオーソ引退以降、JRA勢に唯一対抗できる地方馬として、ファンの期待を一身に背負っているラブミーチャンだが、馬主のDr.コパ氏によると次走は盛岡のクラスターC(Jpn3)を予定しているとの事。

 戦績を見ても分かるように、能力自体はJRA勢相手でも上位で、充分勝負になると思うが、盛岡は最後の直線に坂があるだけに、腰の甘さがあるラブミーチャンにとっては坂の克服が課題になりそう。

 ダートの短距離路線はレースが限られているだけに、出走レースを思うように選べないところが苦しいのだが・・・ラブミーチャンには何とか頑張って欲しいところ。

 秋は東京盃(Jpn2)から、恐らくJBCスプリント(Jpn1)へと進むことになるであろうラブミーチャン。年内一杯での引退が既に発表されているだけに、何とか有終の美を飾って欲しいと願うのは、私だけではない筈。

 愛らしくも逞しいラブミーチャンの走りが見れるのもあと僅か。最後まで無事に、そして素晴らしい走りでファンの心を魅了しながら、母として故郷に戻る事を願いたい。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/07/16 09:00 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。